メルライン|大人ニキビに効く?配合成分から見る「ニキビへの効果」

メルライン|大人ニキビに効く?配合成分から見る「ニキビへの効果」

もくじ

先生

大人ニキビ「アゴ・フェイスライン」のケアに有効とされる、メルラインについて。

配合されている成分の詳細と、その効果を解説します。

メルライン

メルラインは大人ニキビに有効とされるスキンケア商品で、ニキビに悩まれている方なら、1度は見たり聞いたことのある名前なのではないでしょうか。

「ニキビに効果がある」といっても、どんな成分がどのように効果があるのか知っていなければ正しく使用する事ができません。

メルラインに配合されている成分に、どんな効果があるのか解説します。

メルラインの主成分

メルラインの成分は「メルラインの公式サイト」最下部あたりに記載されています。

>>     メルライン公式サイト     

有効成分

有効成分として記載されている成分は、簡単に言うと「法律で効果が認められている成分」です。

・グリチルリチン酸2K

ニキビ用のスキンケア商品には、よく入っている成分で「グリチルリチン酸ジカリウム」と記載されている事もあります。

効果としては「抗炎症こうえんしょう作用」で、つまり炎症を抑える効果です。

ニキビの腫れや、赤みといった炎症を抑える効果があります。

・水溶性プラセンタエキス

プラセンタは動物の「胎盤たいばん」のことです。

胎盤というのは哺乳類が赤ちゃんに栄養を送り込む部位で、赤ちゃんを産むと体外に排出される器官です。

へその緒が繋がっている「栄養の袋」みたいなものですね。

動物の胎盤と聞くと、なんだか気持ち悪い感じがするかもしれませんが、漢方としても使われている素材で「紫河車しかしゃ」と呼ばれて漢方に使用されています。

動物の内臓から抽出した成分と言っても、私たちは焼肉で牛や豚の内臓を食べたりしますから、そう考えると不思議な成分ではありません。

プラセンタは2000年以上も昔から美容や病気の治療に使われている成分で、医療機関では保険適用がされる国に認証されている成分です。

スキンケア商品に配合されるプラセンタエキスは、主に豚や馬といった動物の胎盤から抽出されたエキスを使用しますが、一般的に流通しているプラセンタエキスは「豚」の胎盤から抽出したものが多くなっています。

というのは、豚は1頭で10頭ほどの赤ちゃんを産むため、プラセンタの原料となる胎盤を採取しやすいからですね。

メルラインのプラセンタエキスは、独自開発の抽出方法による「高濃度プラセンタ」とされています。

特別「馬から抽出」「羊から抽出」といった記載が無いプラセンタエキスは、基本的には豚から抽出したプラセンタエキスと思ってOKです。

プラセンタの効果

プラセンタの美容効果は下記のような効果があります。

・血行促進作用
・抗酸化作用
線維芽細胞せんいがさいぼう増殖作用

血行促進作用

血行促進作用は、血行を良くする事により細胞の代謝や機能を高めて、ニキビの傷跡などの再生力を高めたりします。

抗酸化こうさんか作用

抗酸化作用は、簡単に言うと活性酸素によって起こる「老化」防いだり「細胞のサビつき」を防ぐ効果があります。

つまりは、細胞を若々しく保つ効果です。

線維芽細胞せんいがさいぼう増殖作用

線維芽細胞せんいがさいぼう増殖作用とは、名前は難しい感じですが「傷の修復を早める作用」です。

ニキビによって傷ついた皮膚の細胞の修復力を高めて、傷の治りを早くする効果があります。

メルラインその他の成分

その他の成分は下記のようになります。

その他の成分

3-0-エチルアスコルビン酸ビサボロール米糠こめぬか抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、精製水

ズラズラとたくさん並んでいますが、主にメルラインの成分を配合するための基礎となる成分が大半を占めています。

その中で美容に効果のある成分としては、次のような成分が配合されています。

・3-0-エチルアスコルビン酸

3-0-エチルアスコルビン酸は、よく聞く名前で言い換えると「ビタミンC誘導体」です。

効果としては「ビタミンC」の効果による抗酸化作用などになります。

ビタミンCは体内で生成できない上に、壊れやすいビタミンなので美容液などに配合するのは難しい成分です。

そのため「ビタミンC誘導体」として配合する事で、体内の酵素と反応させて「ビタミンCに変換する成分」となります。

つまりは、ビタミンCそのものではないけれど、体の酵素と反応してビタミンCに変化する成分です。

・ビサボロール

ビサボロールは、ハーブティーなどで知られるカモミールから抽出した成分で「抗炎症作用」「抗菌作用」などがあります。

具体的にはニキビの炎症をしずめたり、アクネ菌の増殖を防ぎます。

米糠こめぬか抽出物加水分解液A

米糠こめぬか抽出物加水分解液Aは、一言で説明すると「美白成分」です。
美白成分と聞くと「肌を白くする」という効果のように思うかもしれませんが、メラニンの生成を抑える働きの事を言います。

ニキビケアとしては、ニキビの炎症によってメラニン色素が生成されて起こる「黒ずみ・色素沈着」を防ぎます。

・その他

その他の成分、コラーゲンやヒメフロウエキスなどは主に「保湿成分」となります。

メルラインのニキビへの効果

メルラインのニキビへの効果は次のようになります。

・ニキビによって傷ついた皮膚の修復
・ニキビによる炎症を抑える
・乾燥によるニキビを防ぐ

大人ニキビの原因は主に「乾燥によって毛穴が詰まる」ことにあります。

乾燥によって毛穴が詰まると、毛穴に皮脂が詰まったり、通気性が悪くなって「皮脂(エサ)」と「無酸素」というアクネ菌が好む環境が揃った状態になってしまいます。

乾燥の原因としては、ダイエットや老化によって皮脂の分泌量が減る事や、代謝機能が低下する事で毛穴周辺の古い皮膚が溜まってしまう事にあります。

メルラインはそうした「代謝機能の低下」や「乾燥」といったニキビの原因を改善し「ニキビによって起こる炎症」や「傷跡」の修復を早める効果があります。

まとめ

この記事では、メルラインについての効果や成分について解説しました。

メルラインの効果は主に「プラセンタによる修復作用」やその他の成分による「抗炎症」「保湿作用」がメインになります。

大人ニキビの原因である「乾燥によるニキビ」を防いで「ニキビによって傷ついた皮膚の治りを早める」という効果。

そして、「ニキビで起こる炎症を抑える」「アクネ菌の増殖を防ぐ」といった効果になります。

メルラインで効果を期待できる人は、乾燥によるニキビや代謝機能の低下によるニキビです。

・肌が乾燥して元気が無い
・肌がカサカサしてニキビができる
・ニキビ跡が残りやすい

といった、いわゆる大人の肌質に有効な成分が配合されています。

>>     メルライン公式サイト     

先生
皮脂の過剰分泌による思春期ニキビは、対策が「皮脂を抑える」というケアに変わってきますので下記の記事をご覧下さい。

  <<   HOMEへ戻る   >>