新型コロナの影響と脱毛の問題│脱毛サロンに行きたいのに行けない?

新型コロナの影響と脱毛の問題│脱毛サロンに行きたいのに行けない?

もくじ

先生
新型コロナウイルスの影響で「脱毛サロンに行けなくなった」
、「脱毛に行きにくくなった」「自粛ムードなのに脱毛に行ってもいいの?」など、新型コロナの影響で出た脱毛の問題についての解決方法を解説します。

脱毛サロンへの新型コロナの影響

新型コロナの影響により、脱毛サロンなどの濃厚接触の恐れのある業種に様々な影響が出ています。

脱毛サロンでは、営業時間の短縮で予約が取りにくくなったり、通っていた店舗の休業により脱毛に通えなくなったりといった影響が出ています。

そして、自粛ムードもあり「この時期に脱毛に行く」ということ自体が非常識とも捉えられる事もあり、精神的にも「脱毛に行けない」「行きにくい」という状況になってしまっています。

脱毛サロンの対応

脱毛サロンは接客業務の中でも、人と人が近距離で触れ合う「濃厚接触」の恐れのあるサービスになります。

なので、お店側としても何らかの対策をせざるを得ない状況で、店舗や使用する機器の消毒や従業員の感染予防など、様々な対策を取られています。

しかし、どんなに対策をしても新型コロナウイルスからの感染を100%予防できているかは誰にも判断できませんし、本当に徹底した消毒や対策が行われているかはお客さんには分かりません。

また、新型コロナウイルスの感染予防として、脱毛サロンに通うお客さんにも様々な条件を追加して受け入れてもらわなければならない店舗が増えています。

例えば・・・

「お客さんにもマスクの使用をお願いする」
「施術前の健康チェックシートの記入」

など、内容は店舗によって異なりますが「店側から感染予防を求められる」という状況です。

これから脱毛サロンへ通う注意点

これから脱毛サロンに通おうと考えている人は、新型コロナウイルスの影響により、様々な部分に注意して脱毛サロンに通う必要があります。

・閉店する恐れがある

現在、脱毛サロンに通っている人や、これから脱毛サロンに通いたいと思っている人は注意が必要です。

脱毛サロンやその他の接客業も含め、新型コロナウイルスの影響によって売上が低下してしまい、通っている脱毛サロンが閉店するという事態が起こる可能性があります。

新型コロナウイルスの影響はいつまで続くかは分かりませんし、いつ収束するかも分かりません。

これから脱毛サロンを契約しても、脱毛を完了するまで脱毛サロンに通えるかどうかも保証できない状況になっていますね。

感染する恐れがある

脱毛サロンは、それぞれの店舗で新型コロナウイルスの対策を行っていますが「ウイルスに感染しない」という事を保証しているわけではありません。

脱毛サロンで施術に使用されるタオルや脱毛器といったものは、基本的に「使い回し」となっていますので、これらの道具から感染する可能はゼロではありません。

脱毛サロンで新型コロナの対策として、殺菌を行っているとはいえ。

「本当にタオルやベッドは清潔か、脱毛器は殺菌されているか」

という事は確認できませんし、殺菌できていない部分というのはは必ず存在するでしょう。

また、バスや電車といった乗り物で脱毛サロンに通う場合は、脱毛サロンまでの道のりで「感染するリスクがある」という事も考えておく必要があります。

自粛中は脱毛のチャンス?

「時間のある今だからこそ脱毛に通うチャンス」と考えて脱毛サロンに行きたい人は多いと思います。

しかし、新型コロナウイルスによって、自宅待機や外出制限のある状況で脱毛サロンに通う事は「非常識」だと思われる可能性があります。

確かに「家にいよう」と呼びかけられている状況で、脱毛サロンに通い出す事は世間的にはアウトになってしまいますので、堂々と通えないでしょう。

また、人によっては「家族」や「恋人」の同意が必要な場合もありますので、普通の状況で脱毛に通うより様々なデメリットがあります。

金銭的にも、精神的にも負担を減らして脱毛をするためには、次のような選択肢もあります。

新型コロナの影響を受けずに脱毛する

新型コロナウイルスの影響を受けずに、安心して脱毛する方法としては「家庭用脱毛器を使う」という選択肢があります。

家庭用脱毛器を使って、自分で施術するのであれば「脱毛による新型コロナウイルスの影響はゼロ」と言えるでしょう。

他人と接する事もなく、外出する事もなく、自宅で脱毛できるので自粛ムードでも気にせず脱毛をする事が可能です。

家庭用脱毛器は様々な製品が売られていますが、脱毛サロンと同等の効果を得られる家庭用脱毛器は「ごく一部」のみとなっています。

下記の記事では、確実な脱毛効果のある家庭用脱毛器について解説しています。

ケノンという脱毛器について

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]

家庭用脱毛器で脱毛をする事で、新型コロナウイルスの影響で発生するデメリットを全て解決する事が可能です。

自粛中で時間のある人は特に、脱毛に時間をたっぷり使えるので早く脱毛効果を出す事ができるでしょう。

まとめ

この記事では、脱毛における新型コロナウイルスの影響について解説しました。

新型コロナウイルスの影響で脱毛サロンは様々な対策を行っていますが、消毒液も不足している状況で100%完璧にウイルス対策ができている店舗は無いでしょう。

また、この新型コロナウイルスの悪影響がいつまで続くかも分かりませんし、脱毛サロンが閉店する可能性もあります。

そして、このような自粛ムードのある状況で脱毛に通う事が「悪いこと」をしている気持ちになり、通いにくい人もいるでしょう。

これから脱毛を行いたいという人は「家庭用脱毛器」を使用して自分で脱毛の施術をするのがベストです。

自分で照射していかなければならないので、時間や手間はかかりますが、そのぶん脱毛にかかる費用を大きく減らす事ができます。

また、自粛によって家に居る事ができる今なら「脱毛の時間」をたくさん作れますので、今が脱毛のチャンスでもあります。

リンク

ケノン公式サイト

  <<   HOMEへ戻る   >>