「ニキビ出来やすい人」と「ニキビできない人」の特徴や違いは何?

「ニキビ出来やすい人」と「ニキビできない人」の特徴や違いは?

もくじ

先生

「ニキビが出来やすい人と、ニキビができない人の違いは何?」

ニキビが出来やすい人が、ニキビができない人になるための、スキンケアの原因や対策を解説します。

ニキビができる原因は同じ

そもそも「ニキビが出来やすい人」も「ニキビができない人」も、ニキビになる時の原因は同じです。

それは「毛穴の酸素が無くなる事です」

ニキビの原因は皮脂によるものと、一般的には言われていますが、根本的な原因は「毛穴の酸素が無くなる事」なんです。

ニキビの原因のアクネ菌は「酸素がなくなると増殖する」という性質があります。

つまり、毛穴の酸素が無くならないように気をつける事が、ニキビ予防の最大のポイントになります。

免疫力の高さ

「ニキビが出来やすい人」と「ニキビができない人」の違いで大きいのは免疫力の高さの違いです。

免疫力が高い肌を維持できている人は、ニキビになりにくく美肌を保つ事ができます。

免疫力は体質的なものがありますが、生活リズムや食生活などによる部分も大きいので、風邪をひきやすい人や、喉が痛くなりやすい人は、免疫力が低いためニキビにもなりやすい傾向にあります。

男性ホルモン

ニキビの原因になる皮脂の分泌を増やす働きをする「男性ホルモンが多い人」はニキビが出来やすい傾向にあります。

特にスポーツをしている人は、男女問わず男性ホルモンの分泌量が増えるため、皮脂で毛穴を塞ぎやすくなってしまいます。

また、ストレスの多い人、攻撃的で怒りっぽい人も、男性ホルモンの分泌量が増えるためニキビが出来やすい人と言えます。

つまり「闘争心」の強い性格の人は、ニキビが出来やすい傾向にあります。

ヒゲや体毛が濃い人は、男性ホルモンが多いため、ニキビが出来やすい人と言えます。

紫外線

日焼け止め 必要

屋外で紫外線をよく浴びる人は「ニキビが出来やすい」傾向にあります。

紫外線は毛穴の皮脂を酸化させ、肌の代謝機能を低下させる原因になりますので、インドア派な人より、アウトドア派な人の方がニキビが出来やすい状態になってしまいます。

また、ニキビが出来た後も、紫外線の刺激によって悪化しやすく、ニキビが治りにくい状態にもなってしまいます。

化粧品が好き

化粧品が好きな人は、それだけ肌に化学物質をつけるため、肌荒れを起こす原因が増えてしまいます。

また、保湿を意識するあまり「ヒアルロン酸配合」といった粘度の高い化粧水を使ったり、乳液やクリームを重ね塗りする事で毛穴を塞いでニキビが出来やすい状態になっている場合があります。

肌に化粧品をたくさんつけることで、スキンケアを頑張っている満足感は得られますが、実は肌にとって良くない事をしているのです。

ニキビができない人は比較的「何もしてないよ」という感じで、スキンケアにあまり手をかけていない人が多いんです。

つまり、必要最低限のスキンケアしかしていない事が、逆に肌にとって良い結果を与えて「ニキビができない肌質」にしている傾向にあります。

食生活

食生活の違いも「ニキビが出来やすい」か「ニキビができない」かを決める大切な違いがあります。

子供の頃は、親の作る食事に影響するため「ほぼ体質」と言っても良いぐらい、自分ではどうする事も出来ない部分ではあります。

実家の食事が「油分の多い食事」が多い環境で育った場合は、皮脂の分泌量も増えるため、ニキビが出来やすい状態になってしまいます。

逆に、子供の頃からバランスの良い食事を食べさせて貰ってきた人は、ニキビができない肌質を作る事ができる可能性が高くなります。

まとめ

この記事では「ニキビが出来やすい人」と「ニキビができない人」の違いについて解説しました。

ニキビが出来やすい人の特徴は、以下のようになります。

ニキビが出来やすい人の特徴

風邪をひきやすい
・男性ホルモンが多い
・ヒゲや体毛が濃い
・攻撃的な人
・怒りっぽい
・紫外線をよく浴びる
・ストレスが多い
・化粧品が大好き
・スキンケアを色々している
・食事のバランスが悪い

ニキビができない人の特徴をまとめると、以下のようになります。

ニキビができない人の特徴

・風邪をひかない
・男性ホルモンが少ない
・ヒゲや体毛が薄い
・攻撃的ではない
・あまり怒らない
・紫外線をあまり浴びない
・ストレスが少ない
・最低限のスキンケアしかしない
・バランスの良い食事を摂っている

つまり、ニキビが出来やすい人は男女問わず「男らしくて、アウトドア派。闘争心が強く怒りっぽい。ストレスが多く風邪をひきやすい。コスメ好きで食事のバランスが悪い。」という事になります。

そして、ニキビができない人は「女性的で、インドア派。穏やかであまり怒らない。ストレスが少なく風邪もあまりひかない。化粧品もあまり使わず食事のバランスが良い。」という感じになります。

これは、「ニキビが出来やすい人」と「ニキビができない人」の特徴をまとめた人物像です。

自分がどっち寄りの人物像なのかを当てはめる事で、ニキビ体質かどうかが分かります。

このように、ニキビの原因は様々な要素が絡み合って「体質」となっているので「ここを1つ治せば、ニキビにならない」というものでは無いんですね。

これがニキビを改善する難しいところでもあり、原因が多すぎて「何が原因か、簡単に絞りこめない」という部分があります。

なので、「ニキビが出来やすい人の特徴」で思い当たる部分を改善すれば、ニキビができない体質へと変えていく事が可能です。

ニキビができない人の特徴は「穏やかで、あまり怒らず、ストレスが少ない、インドア派」という「妖精」のようなイメージですが。

そのようなイメージに近づく事ができれば、妖精のような美肌を手に入れられるかもしれません。

ニキビが出来やすい人は一度スキンケアに問題がないか、下記の記事で見直して見て下さい。

ニキビを根本的に改善するスキンンケア>>

ニキビの治し方|何をしてもニキビが治らないのはスキンケアが原因もくじ先生「ニキビを治すために、色々なスキンケアをしているのに、何をしても治らない」多くの人がこのように悩んでいますが、実は「スキンケ[…]

  <<   HOMEへ戻る   >>