シャインエステボーテ vs ケノン|脱毛器としての性能を比較

シャインエステボーテ vs ケノン|脱毛器としての性能を比較

もくじ

先生

「シャインエステボーテとケノンを買うならどっちがいい?」

シャインエステボーテとケノンを比較して迷っている人に、どちらが買っても失敗しない脱毛器なのかを解説します。

照射方式

一般的な脱毛サロンなどで使用される照射しょうしゃ方式はIPLアイピーエルフラッシュという特殊な光を使った脱毛方式になります。

” ケノン “はサロンやクリニックなどで使われる「IPLフラッシュ」という技術を採用した脱毛器になりますので、業務用の脱毛器と最終的には同等の効果を得ることが可能です。

” シャインエステボーテ “は日本テレビの通販で販売されている商品で「フラッシュ式」と書かれていますが「IPLフラッシュ」と書かれてはおらず、正確な照射方式は不明です。

しかし「IPLフラッシュ」という商品としてはPRできるはずの点を、あえて「フラッシュ式」と記載している事から、シャインエステボーテはIPLフラッシュ方式を採用していないものと思われます。

照射範囲

シャインエステボーテとケノンの照射範囲を比較すると、これぐらいの差があります。

ケノンは照射する部分の部品が取り外し可能で、このカートリッジを交換するとこで照射範囲を大きくも小さくも変更する事ができます。

ケノンの最大の照射範囲は「3.7cm×2.5cm」ですが。シャインエステボーテの照射範囲は「3cm×1.5cm」となっていて、照射範囲はケノンの1番照射範囲の狭いカートリッジと、同程度の照射範囲となっています。

各種詳細は” シャインエステボーテ 公式サイト ” ” ケノン公式サイト ”を確認して下さい。

照射回数

ケノンはカートリッジによって照射回数は違いますが、ケノンの最大レベルでの照射回数は「50万回」となっています。

シャインエステボーテの照射回数は「32万回」となっています。

ケノンとシャインエステボーテは、照射回数が違うという差もありますが、1番大きな違いはシャインエステボーテは使い捨て・・・・という事になります。

ケノンは照射回数を使い終わっても、カートリッジを交換する事で長く使用できますが、シャインエステボーテは32万回を使い切ると商品の寿命となり使えなくなってしまいます。

使用可能時間

ケノンには「使用可能時間」という制限はありませんが、シャインエステボーテは「連続使用可能時間は10となっています。

これは「過剰照射防止のため」と書かれていますが、これは肌への過剰照射防止ではありません。

実際はシャインエステボーテの本体が小さく非力なため、連続使用の発熱に耐えられないので「本体を冷ます必要がある」からです。

なので、シャインエステボーテは10分使用すると、勝手に電源が切れるという仕様になっています。

痛み

痛みに関しては、脱毛をしようとする人は「痛くない方がいい」と思いがちですが、この痛みは脱毛効果と比例します。

つまり、ある程度の痛みが無い脱毛器は、出力が低いため「効果が弱い」と思って下さい。

本来、フラッシュ脱毛器で脱毛効果を出すためには「痛みを我慢できるギリギリのレベル」で照射する必要があります。

ケノンが「痛い」と感じる人がいる事は、それだけの出力があるという性能の証明でもあります。

シャインエステボーテに関しては「痛くない」という事を売りにしている事もあり、出力が高くない事が分かります。

つまり「出力が低いというデメリット」を「痛くない」という表現に置き換えているだけなので、安易に痛くない方がいいと思うと、あまり効果を感じられないという結果になります。

脱毛効果

ケノンの脱毛効果

脱毛器としての脱毛効果は、比較するまでもなくケノンの方が上です。

それは製品情報の電力数値・・・・からも明らかな差があります。

・ケノン 220W
・シャインエステボーテ 40W

つまり、ケノンはシャインエステボーテの5倍以上の電力エネルギーが必要ですので、様々な口コミを見るよりその差は「機械の性能」としての違いが明らかです。

ライトで比較すると、「40W」と「200W」はこれぐらいのパワーの差があります。

40Wの光量
200Wの光量

このように「フラッシュライト」で脱毛効果を出す脱毛器ですから、強い光・・・を出すにはそれなりのエネルギーが必要です。

フラッシュ脱毛器において、この数値は「脱毛効果」を知る大きな手がかりとなります。

シャインエステボーテでも脱毛効果はあるのかと気になるところですが、ケノンが220Wに対して、40Wですので、単純計算でも照射回数がケノンの5倍必要で、ケノンが1年で終わる脱毛は、シャインエステボーテでは5年かかるという感じになります。

まとめ

シャインエステボーテとケノンを比較して、どちらが脱毛器として良いのかという疑問について解説しました。

両者は価格が3倍ほど違うので、性能面についても大きな差があり「比較の対象としては、ふさわしくない・・・・・・・レベルで違いがあります。

なので、性能面では迷う余地も無くケノンの方が上で、価格で考えるとシャインエステボーテは安い事がメリットです。

ただ、安いゆえに期待できるだけの効果が無いため「買う必要があるのか」というと、あまり無いように思います。

シャインエステボーテは、家電製品としてはかなり安価のため、製造コストも抑えられているため、製品としての性能は「価格なり」という性能です。

これはシャインエステボーテが悪いという事ではなく、家電製品は特に、値段と性能が比例するものがほとんどだからです。

安いものはそれなりに理由があり、メーカーはそのデメリットをどう「良い表現にして売るか」という事を考えています

それがシャインエステボーテでは「オートオフ機能」や「痛くない」という表現です。

性能的な面で長時間の使用に耐えられないため、自動的に電源を落として本体を守る動作を「過剰照射防止のためのオートオフ機能」としているんですね。

そして、出力が低いデメリットをカバーするために「痛くない」という表現で良いイメージに変換しているんです。

このように、脱毛器の性能は「製品仕様の数値」を見ると明らかなのですが、特に女性はこの辺りを苦手とするため判断が難しい事があります。

そういった場合は、機械の得意な男性にお願いして製品のスペックを見てもらうと良いでしょう。

ケノンまとめ記事>>

ケノン まとめ記事|ここから色々なケノンの記事がすぐ見れます。もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「ケノンの事が色々知りたい」この記事は私が今まで書いてきた、[…]

リンク

ケノン公式サイト

  <<   HOMEへ戻る   >>