保湿するとニキビが出来る?「乳液などの保湿でニキビができる原因」

保湿するとニキビが出来る?「乳液などの保湿でニキビができる原因」

もくじ

先生

「保湿するとニキビが出来てしまうのは何故?」

保湿をするとニキビができてしまう人に、その原因を解説します。

保湿するとニキビができる理由

保湿するとニキビになってしまう人は、化粧水乳液クリームを使ってスキンケアをしていると思います。

しかし、この「乳液」や「クリーム」といったものは界面活性剤という、「水と油」を混ぜ合わせることのできる成分で作った物なんです。

つまり、乳液やクリームは、顔に油を塗っているのと同じという事になりますので、これらの油分が主にニキビの原因を作っています。
適度な油分を補うことは有効ですが、そのバランスが非常に難しいので、「なんとなく保湿」をして油分を補うとバランスが崩れて、ニキビになる事が多いのです。

よほど油分のコントロールに自身のある人で無い限り、実は自分で保湿せずに、ある程度カラダに任せた方が良かったりします。

しかし、乾燥することに恐怖心を感じる人は自分で積極的に保湿をして、かえってカラダの皮脂のコントロールの邪魔をしていることになっていたりします。

実際は、薄く、薄く、膜を張るように高品質なワセリンを塗るだけで、油分による保湿は十分なんです。

【 高品質なワセリン 】

(硬め)

(柔らかめ)

乾燥による油分の増加

保湿をするとニキビになってしまう理由は、もう1つあります。

それは、乾燥による皮脂の分泌です。

人間の皮膚は「乾燥すると、油分を出して守る」という性質があります。

あなたは「洗顔すると乾燥するのに、時間が経つと皮脂が出てしまう」という経験はありませんか?

つまり、洗顔後に乾燥するからと、乳液やクリームを塗ってしまうと、後から出てくる皮脂と合わさって、顔が油分だらけになってしまうんです。

その結果、油分が毛穴を塞いでニキビを作ってしまいます。

洗顔料による乾燥

ニキビに悩んでいる人は「ニキビ用」や「毛穴用」といった洗顔料の方が改善すると思って選んでしまいます。

ですが、こういった洗顔料は、毛穴の皮脂や汚れを分解するために、洗浄力がとても強くなっていますので、肌を乾燥させてしまいます。

そして、洗顔後に乾燥するのを恐れて、乳液などで保湿をしてしまいますが、肌は乾燥すると皮脂を分泌するので「保湿剤+皮脂」で油分が多くなって、ニキビになってしまうんです。

つまり、保湿でニキビを作らないためにも「油分を取りすぎない洗顔をして」保湿の必要性を無くして行く必要があります。

化粧水による乾燥

化粧水は、水分を補うために使用していると思いますが、実際は化粧水が肌に浸透して、潤いを与えることはありません。

皮膚には、厚み0.02mmの角質層という、水分や異物を体内に侵入させないためのバリア機能があります。

このバリア機能がある事で、塩素の入ったプールに入っても有害な水分が皮膚の内部に染み込んでくる事が無いのです。

もしこのバリア機能がなければ化粧水は浸透しますが、肌は少しの刺激で炎症を起こす状態になってしまいます。

そして、化粧水は肌に塗るとやがて蒸発して、成分が粉になって皮膚に残ります。

この化粧水のカスがパウダー状になり、今度は逆に肌の水分を奪って乾燥させてしまうんです。

とろみのある「高保湿」を謳う化粧水ほどカスが多く残り、時間が経つと水分を奪ってしまう傾向にあります。

導入液

化粧水の前に使うと、浸透を高めるという「導入液」という物があります。

これは、どういった商品かというと、導入液に含まれる成分が、皮膚の角質層を破壊して化粧水を無理やり浸透させるものです。

上の解説で「バリア機能がなければ化粧水は浸透します」と言いましたが、この導入液がバリア機能を破壊するものなんです。

なので、導入液を使うことで化粧水はより深くに浸透しますが、化学物質をバリア機能の無い皮膚の中へ送り込むので、炎症を起こしたり肌荒れを起こすリスクが高まります。

そして、免疫力が低下してニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

スキンケアの思い込み

中には「スキンケアの決まり」のように【化粧水→乳液→クリーム】という順番で保湿をしている人がいます。

このようなスキンケアを何も考えずにしていると、油分が多くなりすぎて、ニキビの原因になってしまいます。

特に、若い人は皮脂の分泌量が多いので、こういったスキンケアを「決まり」のように行ってしまうと、常に油分が多い状態になり、治らないニキビの原因にもなります。

まとめ

この記事では、保湿するとニキビが出来る原因について解説しましたが、ニキビ用のスキンケア商品を使う事で「乾燥を感じやすい」肌質になってしまいます。

そして、乾燥するのに皮脂が出るため、毛穴は硬くなり、毛穴に皮脂や汚れが溜まってニキビを作ります。

このように、美肌のためにスキンケアをしていても、逆にニキビを作ったり、乾燥を招いたりしてしまう事がよくあります。

スキンケアをする時は「ネットに書いてあった」からと、同じようにするのではなく、自分の肌にあわせてスキンケアを変える必要があります。

保湿でニキビを作らないためには以下のことに注意して下さい。

・適切な油分を残した洗顔
・導入液などの危険な化粧品の排除
・ネット「お決まりのスキンケア」ではなく自分にあったスキンケア

下記の記事では「ニキビを根本的に改善するスキンケア」について解説していますのでご覧下さい。

ニキビ肌を改善するためのスキンケア>>

ニキビの治し方|何をしてもニキビが治らないのはスキンケアが原因もくじ先生「ニキビを治すために、色々なスキンケアをしているのに、何をしても治らない」多くの人がこのように悩んでいますが、実は「スキンケ[…]

  <<   HOMEへ戻る   >>