ニキビの治し方|何をしてもニキビが治らないのはスキンケアが原因

ニキビの治し方|何をしてもニキビが治らないのはスキンケアが原因

もくじ

先生

「ニキビを治すために、色々なスキンケアをしているのに、何をしても治らない

多くの人がこのように悩んでいますが、実は「スキンケア」に原因があることが多いのです。

この記事では、ニキビを根本的に改善・・・・・・する」正しいスキンケアを解説します。

ニキビは「殺菌から悪循環」が始まる。

ニキビは殺菌成分で悪化する

ニキビケア商品の殺菌剤

ニキビは正しいスキンケアをすれば、改善する事が可能です。

でも、何をしても治らないニキビは、スキンケアに原因がある可能性があります。

ニキビを改善するために使われているスキンケア商品は「ニキビになりやすい肌を作る」原因になっているのです。

毛穴の開き・黒ずみ

また、ニキビケア商品や、毛穴用の洗顔料などは、洗浄力が強く肌を乾燥させてしまいます。

その結果、乾燥から守るために「皮脂が過剰分泌」され、鼻の毛穴や、ほほの毛穴が皮脂で詰まって、目立ってしまうようになります。

ニキビ肌を改善することと、毛穴の黒ずみ、開きを改善するスキンケアは、基本的に同じ方法で改善していきます。

先生
スキンケア方法を先に知りたい方は、下のリンクから移動できます。

殺菌による悪化

恐らく、ほとんどの人はニキビの原因であるアクネ菌を殺菌すれば、ニキビが改善すると思い、殺菌成分のある洗顔料や化粧水を積極的に使うスキンケアをしてしまいます。

しかし、実は殺菌をするとニキビは改善するどころか、どんどん悪化してしまう傾向にあるのです。

その理由を解説します。

常在菌

常在菌

肌の健康を守る菌

肌の表面には「常在菌」という菌が複数存在します。

この常在菌は、美容と健康を守るために働く菌で、病原菌から肌を守ったり、皮脂と水分のバランスを保つ役割があります。

表皮ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌 ニキビ アトピー

例えば、表皮ブドウ球菌という常在菌は「皮脂をエサ」にして、グリセリンという「保湿成分」を作り出す役割を持っています。

表皮ブドウ球菌が肌の表面に存在している事で、肌の水分と油分のバランスを維持できています。

そして実は、ニキビの原因と言われるアクネ菌も常在菌の仲間で、美肌を守っている菌なのです。

先生
常在菌は、ニキビの原因の皮脂を抑え、免疫力を保ちます。

アクネ菌と酸素の関係

アクネ菌 オゾン殺菌

アクネ菌も肌を守る菌

ニキビに悩んでいる人は「アクネ菌」と聞くだけで憎い奴と思われるかもしれませんが、それは少し違います。

アクネ菌はニキビになっていない状態でも皮膚に存在していて、皮膚を弱酸性に保って皮膚を守っている大切な菌なのです。

アクネ菌が皮膚にバリアを作る事で、私たちは簡単に病原菌が体内に入り込まないようになっています。

増えすぎると悪影響がある

しかし、肌を守る常在菌も増えすぎると悪影響を及ぼす事があります。

例えば、ケガをして傷口がジュクジュクに膿んでしまったりするのは、バリアの壊れた傷口に、皮膚の常在菌が入り込んで増殖してしまうからなのです。

アクネ菌が増える理由

ただ、アクネ菌は「酸素のある場所では増殖しない」性質を持っているので、肌の表面が酸素に触れている状態では悪影響がありません。

しかし、アクネ菌が酸素の無い場所に閉じ込められると、異常に増殖して肌に悪影響を与える事があります。

その酸素の無い場所というのは「皮脂の溜まった毛穴の中」なのです。

アクネ菌の暴走

ニキビ 大量発生

アクネ菌がニキビを作る原因

皮膚の表面では、皮膚を守る働きをしているアクネ菌ですが皮脂で塞がれた、酸素の無い毛穴」の中に入り込むと、異常増殖してしまいます。

つまり、アクネ菌が毛穴に入って、皮脂で塞がれると異常増殖してニキビになってしまうという事です。

毛穴に閉じ込められてアクネ菌が暴走してしまっているんです。

なので、逆に考えれば、アクネ菌が酸素の無い場所に閉じ込められなければ、ニキビにはならないのです。

先生
保湿のためにしている、乳液やクリームで毛穴を塞ぐことも、ニキビの原因になります。

殺菌から始まる悪循環

皮膚の殺菌

ニキビになると、ほとんどの人は皮膚を殺菌する事でニキビを治療しますよね。

そして、ニキビ予防にも殺菌成分の入った洗顔料や化粧水などで、とにかく殺菌をしまくります。

こうした治し方で皮膚を殺菌し続けると、毛穴に存在する悪いアクネ菌だけでなく、肌に存在する全ての必要な菌を殺菌してしまいます。

常在菌の死滅

常在菌の死滅これが、何をしても治らないニキビ、悪循環の始まりです。

先生
ニキビを改善するためにしている殺菌が、必要な菌も全て殺してしまい、何をしても治らない恐ろしい悪循環に入り込んでしまうのです。

皮脂の増加

皮脂が増える理由

まず、皮脂をエサにしていた表皮ブドウ球菌が死滅すると、皮脂の分泌量が増えます。

特に皮脂腺の多い「鼻・おでこ・ほほ」といった部分に皮脂が多く分泌します。

皮脂の分泌量が増えるという事は、毛穴に溜まる皮脂の量も増えるという事ですよね。

つまり、洗顔料や化粧水で顔を殺菌すると、皮脂が増えて「鼻・おでこ・ほほ」といった部分にニキビになやすい肌を作る原因になります。

先生
いつも皮膚が皮脂でベタついてしまっている人は、殺菌によって皮脂のバランスが崩れてきている可能性があります。

皮脂を取る洗顔

殺菌の悪循環によって皮脂が増えると、ニキビを予防するために念入りな洗顔をしてしまいます。

特に、ニキビ用の洗顔料は皮脂を取るために洗浄力が強いものが多くなっています。

そういった洗浄力の強い洗顔料で、顔を洗って皮脂を取りすぎると、次は肌がダメージを受けてしまいます。

洗浄力と殺菌作用でニキビ肌になりやすい洗顔料

ダメージによる乾燥肌

洗浄力の強い洗顔料で、顔を繰り返し洗う事で肌はダメージ受けて、皮膚の表面が荒れてきます。

肌の表面には、0.02mmの薄い角質層という部分があり、そこにはセラミドという保湿成分が存在しています。

0.02mmのバリア機能

0.02mmとは、サランラップほどの薄さです。

洗浄力の強い洗顔料で繰り返し洗う事で、0.02mmの薄い角質層が破壊されて、セラミドが流出してしまいます。

そうすると、肌は水分を蓄える事が出来なくなり、乾燥肌になってしまうのです。

先生
洗顔後に肌が乾燥してしまう人は、この段階まで悪化していると言えます。

乾燥肌から脂性肌へ

洗浄力の強い洗顔料で繰り返し洗顔をする事で、肌の角質層が破壊されて、セラミドが流出すると乾燥肌になります。

そして、水分不足になった肌は、水分の代わりに皮脂を出して肌を守ろうとします。

こうして、乾燥肌なのに皮脂が出るという状態になり「バリア機能の無い脂性肌」という肌になってしまいます。

あなたがもし、「洗顔後に肌が乾燥するのに、時間が経つと皮脂が増えてベタつく」という状態であれば、悪循環は既にこの段階まで来ているという事になります。

この状態は、肌のダメージによって毛穴は開いていて、ニキビにもなりやすく、すぐ皮脂でベタつくという状態です。

先生
本題である「何をしてもニキビが治らない」というのは、まさにこの段階の状態なのです。

悪循環のおさらい

ここで、ニキビ肌になる治し方の悪循環をおさらいしておきましょう。

①ニキビができる

②殺菌成分の入った洗顔料・化粧水などを使う

常在菌が死滅する

皮脂の分泌量が増える

⑤皮脂を取る洗顔を繰り返す

肌のダメージが増えて乾燥肌になる

バリア機能が低下して皮脂が増える

この「バリア機能が低下」している状態で「皮脂の分泌量が多い」状態が、最もニキビの出来やすい状態なのです。

この状態の肌は、乾燥やダメージによって柔軟さを無くしてゴワゴワした肌になっています。

そして、毛穴周辺の皮膚も荒れているため、鼻や頬の毛穴が開いて目立っている状態です。

毛穴の形状としては「みかんの皮」のような形状になっています。

みかん肌

本来、肌の表面は「古い角質」によって少し乾いてツヤのない状態が正常な状態ですが、洗顔やスキンケアをしすぎて角質を取りすぎてしまっている肌は。みかんの皮のように「ツヤがあり、テカっている」ような肌質になっています。

ニキビや毛穴の黒ずみに悩んで、様々なスキンケアをしてきている人の肌は、たいていこのように「ツヤがあり、毛穴が開いた」状態になっている事が多いと感じますし、実際このような「角質を取りすぎた、ツヤのある肌質」になっているのでは無いでしょうか。

このような肌質は、毛穴の黒ずみや角栓ができやすく、髪の毛や外部からの刺激にも敏感になっている状態です。

先生
この段階まで来てしまうと、ほとんどの人が「ニキビが治らない」と悩んでしまいます。

肌荒れのストレス

ストレスによる皮脂分泌

ニキビを治すために、長期間スキンケアをしてきても改善しない。

こんな状態が続くと、心が病んできて強いストレスを感じるようになります。

人間は「ストレスを感じると皮脂を分泌します」

この段階で、まだ追い討ちをかけるのかと嫌になってしまいますが、肌荒れで悩むストレスさえも皮脂の分泌を促進して、ニキビの原因になってしまうのです。

何をしても治らないニキビに悩んでいる人の多くが、この段階で行き詰まってしまいます。

ニキビのスキンケア方法

殺菌成分の排除

ニキビの正しい治し方、スキンケア方法は、まず「殺菌成分のある物を広範囲に使わない」という事です。

これは、完全に殺菌しないという意味ではなく「顔全体の殺菌はしない」という事です。

つまり、サリチル酸などが配合された洗顔料や、化粧水などは使わないようにして下さい。

ただ、炎症が酷くて殺菌をしたい場合は、綿棒に薬をつけて、毛穴の先端にピンポイントでチョンとつける程度にして下さい。

肌のダメージを回復させる洗顔料

殺菌剤さっきんざい不使用のニキビ用洗顔料

次に洗顔料ですが、「殺菌剤の配合されていないニキビケアの洗顔料として大手化粧品メーカーのFUJIFILMの「ルナメア」という洗顔料がおすすめです。

今使っているスキンケアを「ルナメアシリーズ」に置き換えることでニキビの改善が期待できます。

まず、洗顔料をルナメアに変更することで、肌のダメージを回復させて、免疫力めんえきりょくを上げることが出来ます。

そして、常在菌じょうざいきんが増えることによって免疫力が上がり、皮脂のバランスが整うと、ニキビになりにくい肌になります。

洗顔は、泡立てた洗顔料を顔に乗せてから10秒を目安に洗い流して下さい。

この洗顔料は、ニキビの原因である皮脂を肌のダメージを抑えて除去し「消炎成分」をしっかり毛穴に浸透させてニキビの炎症を改善する作用も持っている洗顔料になります。

炎症の改善

従来の殺菌剤が配合されたニキビ用の洗顔料などで、「ニキビを悪化させてしまうリスクを減らして、ニキビケアをすることが可能です。

ルナメアは男女、年齢など関係なく全ての人に使用可能です。

クレンジング

メイクはしっかり優しく落とす

男女問わず、メイクをしている人は洗顔の前に「メイク落とし」は必要になってきます。

ファンデーションや化粧下地といったものは「油分」になり、毛穴を詰まらせてニキビを作る原因になります。

しかしメイクをしないという選択は簡単に出来るものではありませんので、肌へのダメージを極力抑えてクレンジングをすることが大切です。

化粧水・乳液

化粧水(ノーマル・しっとり)

化粧水は2種類あり「ノーマル」は油分の多い思春期ニキビに、「しっとり」は乾燥による大人ニキビに向いています。

消炎効果のある有効成分

毛穴に届く消炎成分

ニキビ肌の改善に関しては、基本的に「保湿目的」では化粧水を使用する必要はありません。

というのは肌がダメージを受けている状態で、化粧水による保湿を行っても保水機能が失われているため蒸発してしまいます。

しかし、ノンコメドジェニックテストを済ませて、ビタミンEや消炎作用のある有効成分の配合された「” ルナメア ”」のような「医薬部外品」であれば、使用することでニキビを改善する効果を期待できます。

油分を抑えた保湿

保湿に関しては化粧水は必要ありませんが、乳液に関しては油分の少ない低刺激なものを使う事で皮膚のバリア機能を補う事ができます。

一般的な乳液や美容液は油分が多いため、油分が毛穴を塞いでニキビの原因になることが多くなっています。

なので、油分を抑えた「ジェルクリーム」で肌を守るようにして下さい。

ボディウォッシュ

背中 ニキビ 治し方

カラダのニキビ予防

一人暮らしでもない限り、ボディウォッシュは家族と共用している場合が多いと思いますので見落としがちな改善ポイントです。

洗う順番

また、洗う順番は必ず「頭から」洗うようにして下さい。

そうでないと、顔や体に洗浄剤やコンディショナーの成分が残って、それがニキビの原因になる場合があります。

シャンプーにこだわりたい人は、シャンプーはそのままの方が嬉しいと思いますので、余計な成分を顔や体に残さないように「頭から」洗えば問題ありません。

保湿と保護

最終段階のスキンケア

上記の「ルナメア」による低刺激なスキンケアを続けて、洗顔後の乾燥が少なくなってきた感じがするのであれば、肌のダメージは回復してきていると言えます。

ルナメアである程度ダメージが回復すれば、いつまでも継続して使用する必要はありませんので、洗顔料はそのままで、保湿を下記のワセリンのみに変更してみて下さい。

医療用の保湿剤ワセリン

高純度のワセリン

このサンホワイトというワセリンは、ワセリンのなかでも純度が高く、傷口の保護にも使えるほどの低刺激な保湿剤になりますので、化学物質の大量に入った保湿化粧品を使うより、皮膚の負担を減らして余計なアレルギー反応を減らすことが出来ます。

アトピーなどで肌が敏感な人にも、赤ちゃんのも安心して使える保湿剤で、保湿と同時に外部からの刺激を保護する「バリア機能」にもなります。

「チューブタイプ」はワセリンが硬めで、保護する能力が高く。
「ポンプタイプ」のサンホワイトシルキーは、少量でとても良くのびる使いやすい柔らかさになっています。

基本的に保湿はこの、高品質な「サンホワイト」のワセリンのみでOKです。

低品質のワセリンに注意

同じワセリンでも、他社の安いものは純度が低いものもあり、時間が経つと油分が酸化して黄色くなり、肌に刺激を与える可能性があるため、純度の高い「サンホワイト」を使用することをお勧めします。

サンホワイトは用途で選ぶ

ワセリンは下のポンプタイプの「シルキー」の方が柔らかくて、のびが良い物になるので扱いやすいですが、普通のチューブタイプの方が固めのワセリンでカバー力が高いので、唇や、乾燥の強い場所などを、しっかり長時間保湿したい時に有効です。

顔だけでなく、手や足など全身に使用可能で、どちらも少量で広範囲を保湿・保護することが出来ますので、なかなか減らず経済的でもあります。

リップもハンドも全身に使用可能

また、サンホワイトがあれば保湿はこれのみで良いので、リップクリームやハンドクリームなどは全てこれ1本で済ませる事ができます。

私は「サンホワイト」は両方の種類を、部位や肌のコンディションに合わせて使い分けています。

また、チューブタイプの方は複数持っていて、洗面所や部屋に置いて「面倒くさがらずに保湿できるように」しています。

すぐ使える場所に無いと、取りに行くのが面倒くさくて保湿を後回しにしてしまったり忘れたりしてしまうので、すぐ手の届く場所に置いてあります。

シンプルなスキンケア

スキンケアは最終的に低刺激な洗顔」と「高純度なワセリンのみ」というような、シンプルなスキンケアが理想になります。

これを続けていくと、皮膚のダメージが回復して皮膚も柔らかくなり、代謝機能も改善されて、毛穴の皮脂の排出もスムーズに出来るようになってきます。

「肌を守るスキンケア」を続ける事で、ニキビ肌は改善していきます

IPLフラッシュによる改善

IPLフラッシュ脱毛器の「” ケノン ”には、色素沈着の改善を早める作用のある「スキンケアカートリッジ」があります。

ケノンはIPLフラッシュという技術を使った脱毛器ですが、もともとシミや色素沈着を改善するために開発された技術で、肌のメラニン色素に作用させることで色素を破壊してメラニン色素を薄くしたり、代謝を促進するために使われていた技術です。

それが、後に毛のメラニン色素に反応するように調整されたのが、サロンや、このケノンの光脱毛器なんです。

これによって、ダメージを受けた肌の再生や、ニキビ跡の色素沈着の改善を早める事ができます。

先生
ケノンの美顔機能の詳細は、下記の記事で解説しています。

まとめ

悪循環の改善

この記事では、何をしても治らないニキビの治し方について解説しました。

ニキビ肌になる原因として、殺菌成分の配合された、洗顔料や化粧水によって、皮膚の常在菌が死滅する事があります。

そして、間違った治し方から始まる、何をしても治らない悪循環。

①ニキビができる

②殺菌成分の入った洗顔料・化粧水などを使う

③常在菌が死滅する

④皮脂の分泌量が増える

⑤皮脂を取る洗顔を繰り返す

⑥肌のダメージが増えて乾燥肌になる

⑦バリア機能が低下して皮脂が増える

⑧何をしても治らない

肌を守るスキンケア

このような、何をしても治らない悪循環を断ち切るためには「肌を守るスキンケア」が大切になります。

こうして肌を守るスキンケアを続けて、スキンケアをシンプルにしていくと、今までいかに様々なスキンケアをやり過ぎていたのかが分かってきます。

スキンケアは状態に合わせて変えるもの

本来スキンケアというのは、健康な肌の状態では不要なものです。

しかし、年齢や生活リズムの乱れ、気温の変化や乾燥といった様々な原因で肌のコンディションは変わってきます。

「毎日同じスキンケアを続ける必要はありません」

足りない物を補う。それだけでOKです。

毎日の食事や生活が違えば、肌の環境も日々変わりますので、スキンケアも日替わりで変更する必要があります。

例えば、焼肉を食べて皮脂の分泌量が増えているのに、「いつも通り」に乳液をつけて皮脂を補ったりすると、それこそニキビの原因になってしまいます。

スキンケアはシンプルに、必要な分だけ。

肌はデリケートですので優しく守って下さい。

 

先生
根本的に皮脂の分泌を抑える事のできる「ライスパワーNO.6」を配合した化粧品については、こちらの記事で解説しています。

  <<   HOMEへ戻る   >>

不織布三層構造マスク