毛穴が汚い?黒ずみを改善したい人は「ダメージケア洗顔料」を選ぶ。

毛穴が汚い?黒ずみを改善したい人は「ダメージケア洗顔料」を選ぶ。

もくじ

先生

「毛穴が汚くて改善したいけど、どうしたらいいか分からない」

あれこれ毛穴のケアをしているけど、全然キレイにならない。

そんな悩みを解決する、毛穴ケアの方法や洗顔料の選び方を解説します。

毛穴をキレイにするには、肌を守る事が大切。

毛穴の黒ずみを改善するには

毛穴が汚くてキレイにしたいと悩んでいる人は「毛穴ケア」のしすぎで、肌がダメージを受けている事がほとんどです。

毛穴用の洗顔料や、スクラブ洗顔や毛穴パック、そしてピーリング。

これらは全て、肌の水分を流出させて毛穴を詰まらせ、毛穴を更に汚くする悪循環に巻き込む原因となるスキンケアです。

まずは、これらのスキンケアの何が原因で毛穴が汚くなるのか解説します。

毛穴用の洗顔料

毛穴の黒ずみを気にしている人は、毛穴用の洗顔料を使ってキレイにしたいと思いますよね。

でも、この毛穴用の洗顔料は洗浄力が非常に強く、肌の油分を過剰に取ってしまい肌にダメージを与えてしまいます。

その結果、一時的には毛穴がキレイになっても、肌が乾燥して毛穴が固くなり、皮脂の排出をうまくできなくなり、毛穴が詰まって黒ずみになったりするのです。

ニキビ用の洗顔料

また、ニキビによる毛穴の黒ずみや開きを気にしている人は、ニキビ用の洗顔料など「殺菌成分」の入った洗顔料を使用しますよね。

しかし、このニキビ用の洗顔料の殺菌成分は、実は肌にとって悪い成分なんです。

肌には「潤いを保つための菌」や「肌を弱酸性に保つ菌」が存在していますが、これらの「美肌菌」を殺菌してしまう事になります。

その結果、肌は潤いを保つ機能を失い、乾燥肌になって毛穴を詰まらせてしまうのです。

スクラブ洗顔料

毛穴の黒ずみや、肌のごわつきを改善するために、スクラブ洗顔料を使う事があると思います。

しかし、スクラブ洗顔料は肌の表面にある0.02mmという薄い「角質層」という細胞に傷をつけてしまいます。

0.02mmとは、サランラップほどの薄さで、この薄い皮膚によって肌の潤いは守られてるんです。

この角質層には「セラミド」という潤いを保って肌を守るバリア機能がありますが、スクラブ洗顔で角質層が傷つくとセラミドは流出して失ってしまいます。

そうすると、肌は乾燥して毛穴のトラブルの原因になってしまうのです。

毛穴パック

毛穴の黒ずみを取る簡単な方法として、毛穴パックは誰もが行うケア方法ですが、毛穴パックは使用法が難しいのが難点です。

というのは、剥がすのが早すぎると効果を得られず、剥がすの遅いと「肌に大きなダメージ」を与えてしまいます。

顔にガムテープを貼って剥がすのと変わらないほどの粘着力がありますので、0.02mmの薄い角質層は簡単に剥がれてしまいます。

そうなると、角栓は取れても皮膚はボロボロになってしまうため、毛穴パックは簡単な割にリスクが大きい毛穴ケア方法になります。

ピーリング

ピーリングは固くなった皮膚を改善する効果があるため、毛穴の黒ずみや、詰まりの対策としては有効です。

しかし、根本的な原因である乾燥肌の対策をしていなければ一時しのぎにしかならないので、結局はその他の対策を行う必要があります。

また、ピーリングをして皮膚のタンパク質が分解されると、無防備でデリケートな状態になるため、アフターケアをしっかりしないと、シミや色素沈着のリスクもあるので注意が必要です。

ダメージをケアする洗顔料

毛穴用の洗顔料やスクラブ洗顔料、そして毛穴パック、ピーリングといったスキンケアは肌へのダメージが大きくなります。

そこで毛穴ケアに最適な洗顔料として、下記のモイストゲルクレンジングを使用する事で肌のダメージを抑えて毛穴のケアをする事ができます。

公式サイトで詳しくみる

弱酸性

モイストゲルクレンジングは、毛穴用の洗顔料にありがちな洗浄力の高いアルカリ性ではなく、弱酸性の洗顔料となっています。

弱酸性の洗顔料は、刺激が少なく肌に優しいのですが、洗浄力の弱さがデメリットです。

その、洗浄力の低さを次のスクラブで改善しています。

ソフトスクラブ

この洗顔料には、毛穴の汚れを効率良く落とせるスクラブが配合されていますが、従来のマッサージソルトのような硬いスクラブではなく、植物性こんにゃく由来のソフトで吸着力のあるスクラブが配合されています。

このソフトな吸着力のあるスクラブによって、弱酸性の優しい洗浄力を持ちながら、古い角質や毛穴の汚れをからめ取る事ができるため、肌のダメージを抑えつつ毛穴のスキンケアをする事が可能になっています。

皮膚の補修成分

そして、皮膚の修復成分としては、角質層のダメージによるセラミド不足を補う「ナノセラミド」や「高分子ヒアルロン酸」など、美容液レベルの成分が配合されています。

これにより、洗顔後の水分の蒸発を防ぎ、乾燥による毛穴の効果を防ぐ事ができます。

また、これまでのスキンケアによるダメージの炎症を抑える、抗炎症成分である「グリチルリチン酸」が配合されているため、炎症による色素沈着も予防します。

まとめ

毛穴が黒ずんで汚くて悩んでいる人の、スキンケア改善方法を解説しました。

まず、以下のスキンケアの改善が必要になります。

・皮膚の乾燥を防ぐため、洗浄力の高い毛穴用の洗顔料を使わない。
・肌の保湿をしてくれる美肌菌を守るため、殺菌成分のある化粧品や洗顔料を使わない。
・角質層のダメージによる、セラミドの流出を防ぐため、硬質なスクラブ洗顔料や毛穴パックの使用を控える。

これらのスキンケアを改善する方法として、モイストゲルクレンジングを使用する事が簡単な改善方法になります。

 

公式サイトで詳しくみる

 

ただ、弱酸性の優しい洗顔料に変更するだけでは、毛穴のケアは難しくなりますが、ソフトスクラブとナノセラミドによって、毛穴の汚れを落としつつ、皮膚の硬化を防ぐ事ができるため、毛穴の代謝機能を改善する事ができます。

毛穴のスキンケアは「毛穴の汚れを取る」事が重視されがちですが「肌を守る」事を意識してスキンケアする事で、自然と健康な毛穴が保たれるようになるのです(^^)

先生
下記の記事では、より修復に特化した「ヒト型セラミド」「プラセンタ美容液」の解説をしています。
シーボディ美容液の解説>>

SiBODY「シーボディ VCスターターセット」成分と作用を解説もくじ先生シーボディのプラチナVCシリーズの「プラチナ VC ローション」「プラチナ VC セラム」「プラチナ VC ミルク[…]