実績のある2つの脱毛器の違い「ケノン」と「トリア」何が違うの?

実績のある2つの脱毛器の違い、「ケノン」と「トリア」何が違うの?

もくじ

先生
こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。
歴史の長い、実績ある2つの脱毛器「ケノン」と「トリア」
何を基準に選べばいいのか、違いを解説します。
ケノンとトリアは同じ脱毛器だが、照射方式が違う。

ケノンとトリア

実績のある家庭用脱毛器を探していると、最終的には「ケノン」と「トリア」に絞り込まれます。

何故かと言うと、国内で買える信頼性のある脱毛器は、この2つしか存在しないからです。

他にも、様々な脱毛器は売られていますが、Amazonで買えるような安くて怪しい中国製の脱毛器や、脱毛機能に特化していない、パナソニックやブラウンの「美容器」など、本当に脱毛器として使える製品は、ほとんどありません。

この記事を見ている人は恐らく、家庭用脱毛器を調べて、かなり絞り込めている人だと思います。後は、ケノンとトリアの違いが分かれば決められますので、2つの違いを詳しく解説していきます。

国の違い

トリア

トリアは2005年に初めて日本で発売された、アメリカ生まれの脱毛器です。

アメリカ生まれの脱毛器ですが、製造国はタイとなっています。

>>    トリア公式サイト

ケノン

そして、ケノンは2008年に発売された、日本製の脱毛器です。

ケノンは日本製の脱毛器で、製造も日本国内で行われており、本体心臓部のパーツはHITACHI製となっています。

>>    ケノン公式サイト     

照射方式の違い

ケノンとトリアは、同じ脱毛器ですが「照射方式」が違います。

ケノンは「IPLフラッシュ脱毛器」で、トリアは「レーザー脱毛器」です。

双方の大きな違いは「照射パワー」と「照射範囲」で、ケノンは照射範囲に優れ、トリアは照射パワーに優れています。

IPLフラッシュ脱毛器 (ケノン)

参考リンク:     ケノン公式サイト    >>

ケノンの照射方式は、IPLフラッシュ脱毛と呼ばれる方式で、毛のメラニン色素に熱を与える性質を持った光となっています。

脱毛サロンなどで使用される脱毛器は、このIPLフラッシュの脱毛器がほとんどで、広範囲の照射を効率良く行えるのが最大のメリットとなっています。

デメリットは、照射範囲が広い事で「毛」以外の「肌」へも反応しやすくなってしまう事です。

肌の色が黒いと、肌のメラニン色素にも反応してしまうため、日焼けしたような黒い肌の色の人にはケノンは向いていません。

レーザー脱毛器 (トリア)

トリアの照射方式は、レーザー脱毛となっており、IPLフラッシュと同じく毛のメラニン色素に反応する性質を持っています。

メリットは、IPLフラッシュ脱毛より深い部分に作用するため、より高い脱毛効果を得ることができます。

また、1点集中で毛を狙えるため、肌の色の影響を受けにくい事から、肌の色が濃い人でも脱毛効果を発揮する事ができます。

デメリットは、照射範囲が直径1cmしかないため、広い範囲で脱毛したい場合は時間がかかります。なのでトリアは、効率良く広範囲の脱毛をしたい人にはあまり向いていません。

照射範囲

参考リンク:     ケノン公式サイト    >>

ケノンは、カートリッジ式を採用しており、カートリッジを交換する事で照射範囲も変更する事ができます。

最大で「3.7cm×2.5cm」の四角い範囲を照射可能です。

トリアは「直径1cm」の丸い範囲のみとなっており、カートリッジの交換機能などはありません。

脱毛効果

脱毛効果に関しては個人差がありますが、最終的な脱毛状態は変化ありません。どちらもすべての部位が脱毛可能ですが、照射範囲の大きさから言うと、ケノンの方が効率よく脱毛できます。

ただ、色素沈着のある部位など肌の色が濃い場所はトリアの方が効果を出すことができますが、痛みはレーザー脱毛のトリアの方が強くなります。

電源の違い

トリアは充電して使うコードレスタイプで、2時間充電して、使用可能時間は30分となっています。

ケノンはコンセントに挿して使用するタイプなので、充電や制限時間はありません。

重量

参考リンク:     ケノン公式サイト    >>

ケノンは、持ち手のハンドピースの重さが「120g」となっています。

トリアは、本体を持って使用するためケノンより重く「600g」となっています。

消耗品

ケノンはカートリッジ式で、カートリッジを交換する事で照射機能を回復させる事ができます。

カートリッジは1つ、数千円~1万円ほどで、カートリッジの種類によって価格は変わります。

トリアは回数という概念が無く、バッテリーが無くなれば交換という形になります。

バッテリー交換は修理扱いになり、1台2万円ほどとなります。

まとめ

今回は、実績のある人気の脱毛器「ケノンとトリア」の2台を比較しました。

どちらにも一長一短ありますが、普通の日本人の肌色で、日焼けをして茶色く焼けていたりしなければ「ケノン」を選ぶと良いでしょう。

カートリッジの交換や、美顔機能など、トリアには無いメリットが数多くあります。

そして、トリアは肌の色の影響を受けにくいため肌の色が焼けて濃い人や、湿疹などで肌への照射を極力避けたい人に向いています。

双方、照射方式が違うので「比較」という意味ではフェアではありませんが、通常の用途としてはケノンがお勧めになります。

先生
ケノンの脱毛効果と解説は、こちらの記事で詳しく書いています。
ケノンの詳しい解説>>

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]

家庭用脱毛器 各販売サイトリンク