ワキガは脱毛すると治るの?手術は不要、脱毛をすると臭いを減らせる

ワキガは脱毛すると治るの?手術は不要、脱毛をすると臭いを減らせる

もくじ

先生

「ワキガの臭いが気になる、手術をせずに改善できる方法が知りたい」

ワキガの臭いが気になっているけれど、手術をするのは怖い。できれば切らずに臭いを抑える方法を知りたいという人に、脱毛で臭いを軽減させる方法を解説します。

ワキガの臭い対策に脱毛は、デメリットが無い。

ワキガの原因

ワキガの臭いの原因は、脇の下に多く存在する毛穴に繋がる「アポクリン腺」から出る汗が、皮脂と混ざり合い、雑菌が繁殖する事で発生します。

また、同じく汗が出る器官として「エクリン腺」というものもありますが、こちらは悪臭の原因になる成分は少ないものの、粘度が少なくサラサラのため、アポクリン腺の汗と混ざりあって、臭いを広げる原因となる事もあります。

「ワキガ」と言っても、その臭いの強度は様々で、残り香がするほど強烈なものから、「他人には気づかないが、自分では気になる」という、軽度なものまで存在します。

しかし、自分でワキの臭いが気になるから「臭いが強い」というわけでもなく、強烈な悪臭を放っていても気づかない人もいます。

むしろ、ワキガの治療に病院へ訪れる人は「本人が気にするほど重度ではない」場合が多いと言いますので、自分のワキの臭いが気になるから「ワキガかも」と気に病む必要はありません。

実際は自分だけが過度に気にしている、という場合も少なくありませんが「自分が気になる」というのは大きな問題ですので、解決方法を解説します。

ワキガの治療方法

治療方法としては、電気でアポクリン腺を凝固する手術や、根本的な原因であるアポクリン腺を切除してしまう手術などがあります。

一般的にワキガの治療となると、皮膚を切開して、アポクリン腺を剥離して除去する手術が必要かと思われますが、ワキガにも強度がありますので、そこまでの手術が必要無い場合もあります。

しかし、本人が気にして精神的に病んでしまう場合などは、アポクリン腺を除去する選択をする傾向にありますが、皮膚を切開するため、術後は傷跡が残ったりしますので、それなりの費用と、覚悟が必要になります。

術後直後は、以下の写真のようになります。

脱毛による治療

アポクリン腺を除去したり、凝固する手術をせずにワキガの臭いを抑える方法としては「脱毛」があります。

「脱毛をすると、ワキガが治る」という情報を見かける事があるかもしれませんが、脱毛でアポクリン腺を破壊する事は出来ませんので、そのような情報がある場合は間違いとなります。

ただ、脱毛によって脇の下が蒸れにくくなり、雑菌の繁殖を抑えられるという意味では、ワキガに大きな効果があります。

というのは、ワキガの原因であるアポクリン腺から出る汗は「本来は無臭」であり、雑菌の繁殖によって、強い臭いを発するようになるからです。

脱毛は、「根本的な原因」を治療する方法ではありませんが、「臭いの原因」を抑制する事ができる方法となります。

ワキの脱毛

脱毛と言うと、脱毛サロンや、クリニックの医療脱毛などを想像されるかもしれませんが、家庭用脱毛器でも脱毛は可能です。

しかし、全ての家庭用脱毛器が可能なのではなく、ごく一部の家庭用脱毛器のみ脱毛効果を得ることができます。

その中でも信頼性のある、日本製の脱毛器はケノンという脱毛器で、下記の記事で詳しく解説していますのでご覧下さい。

ケノンの詳しい解説>>

脱毛器 ケノンの使い方|男の「ヒゲ・スネ・ワキ・VIO」への効果もくじ先生「家庭用脱毛器ケノンは、脱毛効果があるの?」「ケノンってどんな脱毛器?」家庭用脱毛器ケノンの事を知りたい人へ「ヒゲ・ス[…]

先生
ケノンで脱毛をすると、男性の私のワキでも、ここまでキレイに脱毛する事が可能です。

脱毛のメリット

ワキを脱毛する事で、ワキガの臭いが軽減される理由としては「蒸れにくい」事があげられます。

頭の毛に臭いがつくように「毛」には臭いが付着しますので、絡み合うワキの毛が無い事で汗が残りにくくなり、嫌な臭いは抑える事ができます。

また、制汗剤を使用する際にも「毛が邪魔しない」ので、まんべんなく塗布する事が可能ですので、制汗剤の効果を高めるのにも有効です。

蒸れにくい上に、制汗剤もしっかり濡れる事で、脱毛前よりは確実に、ワキガの臭いの発生を抑える事ができます。

剃って処理するのと違い

毛が無いのが良いなら「剃って処理する」のと何が違うのかと疑問に思いますよね。

単純に「毛が無くなる」という点では違いはありませんが、皮膚の方に違いが出てくるのです。

ワキの毛を剃って処理すると、同時に皮膚の角質層も傷つけてしまう事になります。

皮膚の角質層には「常在菌」が存在します。常在菌は皮膚を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑える働きがありますが、カミソリによって角質層が荒れてしまうと、このバリア機能が落ちてしまうのです。

つまり、ワキの毛をカミソリで頻繁に剃って処理している人は、ワキの下に雑菌が繁殖しやすい環境になっている可能性が高くなります。

もし、カミソリによって肌荒れを起こしていたり、色素沈着によって黒ずんだりしている場合は、このバリア機能が失われていると言えます。

なので、単純に「毛を剃れば良い」という訳ではなく、脱毛をする事に意味があるという理由があります。

まとめ

気になるワキガの臭いを、手術をせずに抑える方法を解説しました。ワキガにも強度があり、アポクリン腺の切除まで必要の無い、軽度な症状の場合は脱毛で改善します。

また、毛が無い事でワキの下を清潔に保つ事ができますし、汗を拭き取るのも簡単になり、制汗剤の効果も高める事ができますので、臭い対策として脱毛にデメリットがありません。

そして、ワキの毛をカミソリで処理している人は、脱毛する事で皮膚の健康を保ち、常在菌による雑菌の繁殖を抑えるバリア機能を改善する事ができますので、更にワキガの臭いを抑えられる環境が作れるという事になります。

ワキガのニオイ対策は、まず脱毛をしてみると良い結果が得られるでしょう。