カラコン メンズ|男のカラコン「自然に見える」おすすめの選び方

カラコン メンズ|男のカラコン「自然に見える」おすすめの選び方

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

「カラコンをしたいけど、選び方が良く分からない」

カラコンを探しているメンズに、自然に見えるカラコンのサイズや選び方を解説します。

男のカラコンは、小さめを選ぶ。

カラコンのサイズ

カラコンのサイズは、直径を表す英単語の「diameter」を略した「DIA」という文字で表記されています。

「DIA 14.2mm」

といった感じで、商品には必ず、カラコンのサイズが明記されていますので確認して下さい。

自然に見えるサイズ

メンズのカラコン選びで、違和感無く自然に見せるためには「小さめのサイズ」を選ぶ事です。

一般的に女性は裸眼より目が大きく見える「14.2~14.5mm」あたりのサイズのカラコンを使用する事が多いのですが、メンズが女の子と同じサイズのカラコンを使用すると。

瞳がグリグリしすぎて、目だけ強調されて浮いて見えてしまい、人によっては気持ち悪くなってしまう場合があります。

特に、「顔立ちが男らしい人」の場合は、カラコンを大きいサイズにすると、必ず違和感が出てしまうので注意しましょう。

ガッツリとアイメイクをする場合は、大きめのカラコンでもバランスが取れるのですが、アイメイクをしないのであれば、目だけ大きくなって違和感が出てしまいます。

なので、メンズがカラコンをする場合は、裸眼と同じぐらいの小さめのサイズを選ぶ事がポイントになります。

おすすめのサイズは「14.0mm」です。

また、カラコンは大きければ大きくなるほど、目の負担が大きくなり「乾燥」や「不快感」が増える傾向にありますので、コンタクトに慣れていない場合は、小さめのサイズから始めると良いでしょう。

着色直径

ここまで、カラコンの直径サイズ「DIA」について解説しましたが、実はもう1つ、サイズで重要なポイントがあります。

それは「着色直径」で、着色外径とも記載されます。

この図のように、レンズの直径DIAに対して、少し内側からカラコンは色がついています。

プリントで言う「余白の大きさ」と同じで、DIAが同じ14.5mmであっても、メーカーによって着色直径が違います。

余白が1mmのカラコンもあれば、0.3mm程度のものもありますし、同じ14.2mmのカラコンを買っても「A社」がベストだったが、「B社」は思ったよりデカ目になってしまった。という事が起こる場合があります。

つまり、カラコンを装着した時の印象を左右するのは「着色直径」の大きさで決まる、という事になります。

しかし、着色直径は記載されていない商品も多くありますので、「DIAを基準にしつつ選び」、「着色直径も参考にする」というのがメンズのカラコン選びのポイントになります。

サイズで変わる印象

ここからは、私の過去の写真を元にカラコンのサイズでメンズの印象が変わるのかを、お見せしていきます。

カラコンが大きくなるほど「柔らかい印象」になり、カラコンが小さくなるほど「シャープな印象」になります。

自分のその時の気分や、ファッション、スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

裸眼

まず、こちらが裸眼になります。

私は奥二重で、顔の角度によって目の印象も変わりますが、犬より猫といった印象でキレのある目付きとなっています。

DIA 14.5mm(着色直径: 記載なし)

こちらは、14.5mm(着色直径:記載なし)のブルーのカラコンを装着した写真です。

だいたい同じぐらいの角度の写真を選びましたが、どうでしょうか。

14.5mmは大きめのサイズになるので、シャープさが少なくなって、どちらかと言うと「可愛い印象」の顔立ちになります。

また、カラコンには「ふちアリ」「ふちナシ」があって、写真のように、虹彩の周囲が黒く縁取られているのが「ふちアリ」になり、より目を大きく見せる効果がありますので「二次元感」が増します。

目の大きさには個人差があるので、つけてみないと分かりませんが、裸眼から14.5mmの印象は、こんな感じで変化します。

DIA 14.2mm(着色直径 13.5mm)

こちらは、14.2mm(着色直径13.5mm)のグレーのカラコンです。

14.5mmより少し小さくなるため、シャープな雰囲気が上がるイメージになりますし、割と自然な大きさなので「ナチュラルに盛れる」サイズです。メンズであれば、14.2mmあたりが使いやすいサイズなんじゃないかなと思います。

このように、アッシュグレーの髪色と合わせて、カラコンをグレーにチョイスするのも楽しいですよ。

DIA 14.0mm(着色直径 13.0mm)

そして、こちらが14.0mm(着色直径13.0mm)で最も私の裸眼に近いサイズになります。

カラーはブラウンで、色素薄い系の目になれるカラコンで虹彩のフチのエッジも強くなく、非常にナチュラルなカラコンです。「ふち」はかなり薄めで裸眼のようなナチュラルさを求める人は「ふちナシ」のカラコンがおすすめです。

このように、私の場合は14.0mmが1番良い意味で「変化の無いサイズ」となっていますので、自分に合うベストなサイズを見つけてみて下さい。

「DIA」と「着色直径」の関係で選ぶ基準が難しくなりますが、1度何かカラコンを買って使ってみて、それを基準に別のカラコンを探すと、選びやすくなります。

BC

カラコンの商品情報に「BC」という数値が書かれていますが、これはコンタクトのカーブの強さを表しています。

数値が大きくなるほど、カーブは緩く、数値が小さくなるほどカーブはキツくなります。

眼科でコンタクトを作る際に、BCを計測して知っている人は、自分に合ったものを選べますが、自分のBCを知らない人は、あまり気にしなくても大丈夫です。

できれば眼科で、自分のBCを測ってもらうがベストなのは、言うまでもありません。

日本人の平均は、BC 8.6~8.7mmなので、とりあえずその範囲のカラコンを買ってみて、あまりにも違和感があるようであれば、1度BCを測ってみると良いでしょう。

あなたのBCが、平均より大きく外れている可能性もありますので。

発色

カラコンの色は、実際に買って装着してみないと分からない場合がほとんどです。

なぜなら、商品写真は多くが強い光の中で撮影されているため「発色が良く見える」傾向にあります。

商品写真の発色を期待して買ったのに「思ったより暗い色だった」というのは凄く経験する失敗です。

目の色にも個人差はありますので、「商品写真よりは暗くなる」と予想して買うのが良いでしょう。

また、逆に普段使いのつもりで買ったのに「思ったより派手すぎた」という失敗もありますので、商品写真はあくまで参考として見る必要があります。

ヘアカラーと同じで、買って使ってみないと見本通りに発色するかは分かりません。

使用期間

カラコンは、普通のコンタクトレンズと同じように使用期間があります。

・1日(1day)

・2週間(2week)

・1ヶ月(1month)

・1年(1year)

といった感じで種類が別れています。

1dayは1日で使い捨てるタイプで、使用期間の長いものは洗浄液でコンタクトを洗ったりと、メンテナンスを行う必要があります。

度あり、度なし

カラコンも通常のコンタクトと同じように「度あり、度なし」を選ぶ事ができます。通販の場合はだいたい、商品をカートに入れる際に、選択肢から度数を選んで購入するようになっています。

まとめ

メンズのカラコンの選び方は、まず「DIA」でおおまかなサイズを決めて、「着色直径」で細かく絞り込む。そして、カラーは「フチ」の有無で強調度を考えて、自分の「BC」が分かるならつけ心地も考慮するとベストな物が選べるでしょう。

カラコンを通販で買える場所はたくさんありますが、送料が無料のサイトを、ご紹介しておきます。
実際に商品を選んでみると色々分かってくると思いますよ。

>> 送料無料カラコン BeGIRL ビガール

 

先生
カラコンをするメンズは、恐らく美意識の高い人だと思いますので、ムダ毛をなくしたい人はこちらも、ご覧ください。
ムダ毛を生えなくする脱毛器>>

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]