ケノン 髭|家庭用脱毛器ケノンでヒゲを脱毛する効果を上げるコツ

ケノン 髭|家庭用脱毛器ケノンでヒゲを脱毛する効果を上げるコツ

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

「家庭用脱毛器のケノンで、髭を脱毛したい」

現在ケノンを使っている人や、これからケノンを使って髭を脱毛をしたい人に、効果的に脱毛する方法と、コツを解説します。

髭の脱毛は、正しい脱毛知識があれば、必ず成功する。

ケノンで髭の脱毛

ケノンで髭の脱毛は可能か。という事をよく心配される方がいますが「可能」です。私は現在30代ですが、髭の脱毛をしているためか、かなり若く見られる傾向にあります。

ただし、ケノン自体の性能が良くても、それを扱う施術者が間違った使い方をしていては効果を出す事はできません。ケノンで髭を脱毛する際の正しい方法を覚えて、脱毛に失敗せずに続けられる方法を解説します。

ケノンを使う前に

ケノンを使う前に自分で髭を脱毛をするためには「脱毛の知識」が少し必要になります。

何も知らずにケノンを使っていると「効果が無い」と失敗してしまう事になりますので、最低限の知識として、これからの内容だけは覚えておくと失敗せずに脱毛できます(^^)

毛周期

「毛周期」という言葉を知っていますか?

これは、脱毛をする上で必ず必要な知識なので、知らない人はまず下の記事を読んで、戻ってきて頂けると嬉しいです。

毛周期の解説記事

毛を抜き続けると生えなくなる。って情報はホント?もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「毛を抜き続けると生えなくなる?」そう思って抜き続けていませんか?[…]

育毛

毛周期を知らずにケノンで照射をしていると「照射して数ヶ月は毛は生えなかったのに、また生えてきた」という事になってしまいますよね。

このような間違いを防ぐためにも、毛周期の知識が必要になります。脱毛は、1回や2回では終わらない、最低でも5回は施術しなければならない。と知っているだけでも、脱毛のモチベーションが変わってきます。

しかし、実際には毛周期を知らずに、数回の施術で毛が無くなると思って「ケノンは効果が無かった」と諦めてしまう人が少なくありません(^_^;)

ヒゲ脱毛の方法

先生
ケノンで髭を脱毛する時の手順と方法を解説します。

まずは、T字のカミソリで普通に髭を剃って構いません。その後、髭が1mmほど伸びるのを待つのが理想ですが、そのまま照射し始めてもOKです。ただし、髭の深剃りはせずに、毛の頭を残すイメージで浅く剃って下さい。

カートリッジ

ケノンで髭を脱毛する時のカートリッジは、なるべくパワーの強い「ストロングカートリッジ」か、「スーパープレミアムカートリッジ」が良いでしょう。ストロングカートリッジが無ければ、付属のスーパープレミアムカートリッジで構いません。

ケノンの設定

まずは、「連続ショットは1回」で「レベル8」ぐらいから始めるといいでしょう。

痛みに慣れて来たら、レベル10を目指して上げて行くと効果的です。照射モードは、手動でも自動でも構いません。

手動の場合はボタンで発光、自動の場合は肌に当てるとカートリッジのセンサーによって自動的に照射します。

照射に使う保冷剤

脱毛する場所を冷やしてから髭を照射する事で、痛みや炎症を抑える事が出来ますが、そのまま冷やさずに照射していける人はそのままでも大丈夫です。

毎回毎回、冷やして髭を照射するのはかなり時間がかかるため、痛みに慣れてきたら冷やさない方法も試してみてください。ただし、修行のように痛みを我慢しすぎないようにして下さいね。

逆に、痛みが怖くて保冷剤で冷やしてから施術したい人は「冷やしすぎないように」注意して下さい。冷やしすぎて感覚がマヒした状態で照射を同じ部位に重ねると、火傷をする恐れがあります。

髭の照射の痛み

ケノンで髭を照射していると、最初のうちは髭の量が多いためダメージを受ける毛が多くなります。

そのため、最初は顔を輪ゴムで弾かれたような強い痛みが出る傾向にありますので「最初のうちはあまり無理しないで下さい」脱毛が進んでいくと髭が減って行くため、自然と痛みも減っていくようになります。

また、痛みを全く感じない余裕すぎる場合は、もう少しレベルを上げて施術して下さい。

先生
ケノンで最高の脱毛効果を出すためのレベルは、痛みを我慢できるギリギリの高いレベルで照射するのがベストです

脱毛効果の確認

ある程度ケノンの脱毛に慣れてきたら、1度脱毛効果の確認をする事をおすすめします。公式では解説されていない私独自の方法ですが、これを行う事で、確実に髭の脱毛効果を確認する事ができます。

まず、照射した場所の髭を毛抜きでつまんで、軽く引っ張ってみてください。

そうすると、しっかり照射によって毛根にダメージを与えられていれば「スルっ」と髭が抜けます。

ここでもし、皮膚が引っ張られるように毛が抜けないのであれば、再度照射をする必要があります。

「照射して、毛抜きで髭を引っ張って確認する」

これを繰り返しているうちに、照射によって毛がダメージを受けると、どのように形が変化するのか、照射が確実にヒットした時はどんな感覚になるのかが分かるようになってきます。

こうして照射に慣れていくと、「今のは甘かったな」「今のは効いたな」というのが判断出来るようになってきます(^^)

脱毛効果のバラツキ

ケノンで照射をしていると、必ず脱毛効果にバラツキが出てきます。

その理由としては「毛の密度」があります。

照射したポイントの髭の密度が濃い場合は、照射によって反応する箇所が増えるため、照射のエネルギーが分散してしまう事になりますので脱毛効果が弱くなってしまいます。

ゲームで例えると、分かる人には分かると思いますが「敵複数に、魔法で攻撃」するとダメージが分散されてしまいますよね?そんな感じです。

照射は髭が少ない方がダメージは高く、脱毛初期の髭の密度が濃い時は1、回の照射で与えるダメージは少ないと考えて下さい。

そのため、同じ箇所を2回、3回と照射する事がおすすめです。

強いパワーの場合は、1度照射した箇所にすぐ2回目の照射をすると痛みが強くなるので、しばらく時間を置いて戻ってくる感じが良いと思います。

毎日照射

髭に関わらず、ケノンの脱毛は毎回照射して良いのか。という疑問がありますが「毎日照射してOKです」

ただし、お風呂に入って照射した部位がヒリヒリするようであれば、少し回復してから照射する方がいいでしょう。

1日の照射でダメージを与えきれなかった髭は、翌日再び照射を繰り返すとより効果的ですし、照射回数は多い方が髭の脱毛効果は高くなります。

前日、ケノンで脱毛した箇所の髭を毛抜きで引っ張ってみて、軽く抜けるのであれば照射は必要ありませんし、まだ髭が毛穴に根付いているようであれば、ケノンで照射して追い討ちをかけましょう。

まとめ

以上、ケノンで髭を脱毛する方法やコツについて解説しました。

ケノンは髭も脱毛できる脱毛器ですが、全てをケノン任せにしても髭の脱毛は成功しません。

正しい知識があってこそ効果の出る「道具」として認識する必要があります。この記事を読んだ人は、ケノンで脱毛の効果を得る方法が分かっていると思いますので、失敗せずにケノンで髭の脱毛ができると思います(^^)。

先生
ケノンの「髭・ワキ・スネ・VIO」に使用した詳しい解説は、こちらの記事で書いていますので御覧ください。
ケノンの詳しい解説>>

脱毛器 ケノンの使い方|男の「ヒゲ・スネ・ワキ・VIO」への効果もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「家庭用脱毛器ケノンは、脱毛効果があるの?」「ケノンってどんな[…]