オロナイン軟膏|毛穴の黒ずみに使用はNG!肌を破壊して毛穴が開く

オロナイン軟膏|毛穴の黒ずみに使用はNG!肌を破壊して毛穴が開く

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

オロナインで毛穴パックすると小鼻の黒ずみが取れると聞いてやっていませんか?

実は肌を破壊して毛穴が開く原因になってしまいますので、その理由を詳しく解説します。

オロナインの殺菌成分が健康な肌を破壊する。

オロナインの殺菌作用

オロナインを本来の用途として傷口などに使う分には効果的なのですが、健康な肌への毛穴パックとして使うと毛穴が開いてしまうリスクや肌荒れの原因になる恐れがあります。

なぜかと言うと、オロナインには傷口への感染症予防のために殺菌作用のある成分が含まれています。

この殺菌成分が健康な肌の「常在菌」を殺菌してしまい、肌トラブルの原因になります。

肌の常在菌

人間の肌には常在菌として様々な菌が存在しています。

「肌に菌がついている」と言うと悪いイメージを持つかもしれませんが、腸内細菌の「ビフィズス菌」などは良いイメージがありませんか?

顔や体にも腸内細菌と同じように「表皮ブドウ球菌」といった大切な菌が存在しています。

これらの菌があなたの肌に存在している事が外部からの病原菌から肌を守ってくれるバリア機能になっています。

また、肌に存在している常在菌が汗や皮脂をエサに「グリセリン」という保湿作用のある物質を作り出してくれるため肌の潤いを保つ働きもあります。

なので、オロナインによってこれらの菌が殺される事は様々な肌トラブルの原因となってしまう恐れがあるのです。

常在菌の死滅

オロナインによって常在菌が殺されると肌を守るためのバリア機能が失われてしまいます。

そうすると外部からの病原菌の侵入や、常在菌のバランスが崩れ「ニキビ」や「アトピー」といった肌トラブルを起こしてしまう事になります。

また、殺菌によって常在菌が死滅すると肌の潤いも無くなって乾燥しやすい肌質になってしまいます。

そして乾燥した状態が続くと次は肌の角質層が壊れていき、肌のキメが荒れて「毛穴が開く」という結果になってしまうのです。

先生
つまり健康な肌へ安易にオロナインなどの殺菌剤を
塗る事は美肌と逆の行為をしている事になります。

アクネ菌

ニキビの原因菌として嫌われているアクネ菌ですが、実はアクネ菌も肌に存在している常在菌です。

アクネ菌には種類があり、簡単に言うと「良いアクネ菌」と「悪いアクネ菌」があります。

健康な肌の状態では「良い菌と悪い菌のバランス」が上手く保たれているためニキビになったりしませんが、この悪いアクネ菌が増殖するとニキビになったりしていまいます。

オロナインパックをする事でアクネ菌のバランスが壊され、悪性の菌が増殖してしまう危険性があります。

オロナインに限らずですが「殺菌」をするという事は肌のバリア機能を破壊するという事なのでパックのように安易に殺菌剤をベタベタと塗るのは良くないのです。

まとめ

毛穴の黒ずみを除去するためにオロナインパックが知られていますが「やらない方が良い」というのが結論です。

理由はオロナインの殺菌成分が「美肌を保つために存在している菌を殺す」からです。

オロナインが毛穴の汚れに有効と言われている成分はワセリンやオリーブオイルです。

ワセリンやオリーブオイルといった保湿成分や油分によって毛穴が軟化して角栓を出しやすくなっているだけなので、パックを試すのであればワセリンや青缶のニベアを使用しましょう。

オロナインなどの殺菌作用のあるクリームは絶対NGです。

先生
本気で毛穴をキレイにしたいのであれば
KOSEの「米肌」でセラミド補修が効果的です。
毛穴の黒ずみの原因

毛穴 頬|気になる毛穴の「開き・黒ずみ」の原因は? タイプ別診断もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「毛穴が目立って気になる?」みかんの皮や、イチゴのような毛穴になってしまう原因[…]