ケノンで髭|ヒゲの照射は毎日する必要ある?毎日使う方が効果ある?

ケノンで髭|ヒゲの照射は毎日する必要ある?毎日使う方が効果ある?

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

「ケノンでヒゲを脱毛したいけど、照射の頻度が分からない!」

「ヒゲの照射は毎日しないといけないの?」「毎日したほうが効果があるの?」

そんな、ケノンでヒゲを脱毛する照射の頻度の疑問を解決します。

ケノンでヒゲの照射は毎日する必要は無い。でも回数を増やした方がいい条件もある。

ケノンでヒゲの脱毛は、毎日する?

参考リンク:     ケノン公式サイト    >>

「ケノンでヒゲを脱毛するのに、毎日使う必要があるの?」という疑問いに対しての答えは「ケノンで髭の照射は、毎日する必要は無い」というのが回答です。

なぜなら、ケノンで髭を照射する頻度は「毛周期」という毛の生える周期に合わせて照射していくからです。

毛周期というのは、毛の生え変わる周期の事で「毛が生えて⤴︎ 抜け落ちて↯︎また生えてくる⤴︎」という、毛が常に繰り返している周期の事を言います。

基本的に「現在、毛穴から出ているヒゲは、全体の20%」で、「残りの80%は、毛穴の中で成長中」と思って下さい。

ヒゲの毛周期は、約1ヶ月です。

つまり、1回の照射で20%のヒゲを正しく脱毛できた場合は、次の20%が生えてくる1ヶ月後まで、ヒゲは照射する必要はありません。

1ヶ月ごとに新しく生えて来るヒゲを、毛周期に合わせて脱毛していく事で、ヒゲは少しずつ減っていく感じになります。

つまり、ヒゲの脱毛は1ヶ月おきに5回脱毛したら、ヒゲはもう生えて来なくなると思えばOKです。

ただし、事項で解説する条件の人は話が変わります。

先生
焦って毎日ケノンでヒゲを照射しても、早く脱毛が終わるわけではないんです。

ヒゲの照射回数を増やした方がいい人

ケノンでヒゲを照射する回数を、増やす必要がある人もいます。
それは、脱毛をする条件や、ヒゲ脱毛のやり方によって変わってきます。

毎日照射した方が効果的な条件

先生
それでは、ヒゲの照射回数を増やした方がいい条件を解説します。
照射レベルが低い

ケノンの照射レベルは「MAXで10」ですが、痛みを我慢できずに照射レベルを下げてしまっている場合は「1度の照射で完璧な効果が得られない」事があります。

ゲームで考えると、めちゃくちゃイメージしやすいですが「1回の攻撃で倒せなかった場合は、2回攻撃しないと倒せない」ですよね。

それと同じでケノンの照射レベル、つまり攻撃力が低いと施術回数が多くなってしまうので、本来の1ヶ月に1回の照射では足りなくなってしまいます。

なので、痛みに弱くて照射レベルを低くしている場合は、照射回数を増やした方が効果が得られる条件になります。

また、対策として「良く冷やしから照射する」事で痛みはかなり軽減させる事ができます。

先生
男なら、照射レベル10を目指して照射しよう。
無理のない範囲でね。
肌の色が濃い

肌の色が濃い人も、効果が出にくい条件になります。

ケノンは、フラッシュ脱毛器という脱毛器の種類で、フラッシュ脱毛器は毛の「メラニン色素」の黒い色に反応して脱毛する機械です。

そのため、肌が黒いと肌のメラニン色素にも反応してしまうため、脱毛効果が分散して弱くなってしまう傾向にあります。

また、肌にも反応してしまうという事は、肌の白い人よりも痛みが強くなる傾向にあるので、前項のように「痛いから照射レベルを下げる」という傾向になりやすくなります。

肌が黒くて照射レベルを下げがちな人は、毎日照射した方が確実な脱毛効果を得ることができます。

先生
効果的な脱毛条件については、こちらの記事はこちらで詳しく書いています。
脱毛効果についての記事>>

ケノンは「効果がない」という人が存在するのは事実。その理由とは?もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。ケノンを買おうと気になっているけど【効果がある】という人と【効[…]

毎日照射の注意点

参考リンク:     ケノン公式サイト    >>

通常の条件では「ケノンで毎日ヒゲを照射する必要は無い」のですが、前項で解説したように「照射レベルを低くしている人」や「肌の色が濃い人」は照射回数を増やす必要があります。

ただし、照射回数を増やす必要はありますが、必ずしも「毎日照射」する必要はありません。

極端に低い「レベル1」や「レベル2」といったレベルの場合は、毎日照射した方が効果は上がりますが、そもそもレベル1のような低いレベルでは「毎日照射しても、脱毛効果は得られない」と考えた方がいいでしょう。

つまり、ケノンで確実なヒゲ脱毛の効果を得るためには、照射レベルを出来る限り高く設定して照射するのが最も効果的な方法となります。

ですが、痛みが強いという事は、それだけ肌に負担がかかっているということなので、強い痛みを我慢しすぎると火傷などのトラブルの原因になりますので注意してください。

先生
我慢できるギリギリのレベルで、照射するのが基本です。
悶絶しながら無理して照射しないで下さいねw

まとめ

・無理のない範囲で、できるだけ照射レベルを上げる事で毎日ヒゲを照射する必要はなくなります。
・痛みが我慢できない場合は、レベルを下げて同じ部位を2回照射したり、回数を増やす必要があります。
・1回の照射で確実にヒゲ脱毛できた場合は「1ヶ月後に照射」するのがベストです。
先生
私がヒゲにケノンを使ったレビューは、こちらで書いています。
ケノンの詳しい解説>>

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]