ケノンは「効果がない」という人が存在するのは事実。その理由とは?

ケノンは「効果がない」という人が存在するのは事実。その理由とは?

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

ケノンを買おうと気になっているけど
【効果がある】という人と【効果がない】
という人がいてどちらを信じていいか分からない?

そんな疑問を持っている人の悩みを解決します。

ケノンは効果がある脱毛器だが、【効果がある人】と【効果が無い人】がいるのは事実。
それは使い方や条件によって効果の大きさは変化するから。

【効果がある人】と【効果が無い人】がいる理由

ケノンで効果がある人と無い人がいるのは色々な理由がありますので。項目ごとに解説していきます。

先生
これを見ることで脱毛効果の感想が分かれる理由がわかります。

使い方で効果が変わる

効果のある人

照射レベル

効果のある人は照射レベルを高く設定して使用しています。

照射レベルを高くすると痛みは強くなりますが、脱毛の効果も高くなるので高い効果を得るためには照射レベルを高くする必要があります。

具体的には最大レベルの10がベストで、下げるとしても「我慢できるギリギリのレベル」で照射するのが1番ベストです。

効果のない人

照射レベル

効果の無い人は照射レベルを低く設定している可能性があります。

痛みを怖がってレベルを低くしていると、痛みは軽減されるものの脱毛効果は得られにくくなります。

なので痛みに弱い、怖がりな人はレベルを低く設定してしまいがちなので脱毛効果が得られにくく「効果がない」と思ってしまう事があります。

先生
自分でレベルを設定できる家庭用脱毛器ならではの失敗例ですね。

肌の色で効果が変わる

効果のある人

肌の白い人

ケノンは「フラッシュ脱毛器」と呼ばれる種類で、メラニン色素の黒色に反応させて脱毛させる機械です。

つまり「メラニン色素の少ない肌が白い人」は毛に照射エネルギーを集中しやすくなりますので効果が高くなります。

効果のない人

肌の黒い人

フラッシュ脱毛器は「毛」と「肌」を区別しているワケではありません。

黒いメラニン色素に反応しているだけなので「メラニン色素が多い肌の黒い人」は照射エネルギーが肌にも反応してしまうため、毛に対しての脱毛効果が弱まってしまいます。

なので日焼けをしている肌の黒い人は脱毛サロンなどでも効果を得られにくいためお店に断られる場合があります。

先生
フラッシュ脱毛器を照射することでターンオーバーを促進させて肌を白くする効果もあります。
詳しくはこちらの記事で書いています。
スキンケアカートリッジの機能>>

ケノン 美顔器|フォトフェイシャル機能によるスキンケアの効果は?もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「ケノンの美顔器としての効果はある?」スキンケアカートリッジのフォトフェイシャ[…]

照射する周期で効果が変わる

効果のある人

毛周期を知っている

脱毛をする上でめちゃくちゃ大切な知識として「毛周期」という毛の周期があります。

「効果が無い」と思っている人の1番の原因がこの毛周期にありますので絶対読んだ方がいい内容です。

先生
というか、これを知らなければ自宅で脱毛しても挫折してしまう事になります。

毛周期

毛は「生えてきて⤴ 抜け落ちて⤵ また生えてくる」というサイクルを一生繰り返しています。

フラッシュ脱毛器はこの「生えてきて⤴ 抜け落ちる⤵ までの期間」に照射しないと効果がありません。

抜け落ちそうな毛に照射しても「毛根に照射エネルギーが届かない」ので脱毛効果が得られないという事になります。

先生
そしてここが1番大切なのですが、毛穴はそれぞれがバラバラにこの毛周期を繰り返しています。

どういうことかと言うと以下の毛穴が全身に混ざり合って生えています。

種類全体の割合
しっかり生えている毛穴 ⤴20%
抜けかかっている毛穴  ⤵80%
まだ生えていない毛穴  ⤵

この図のように、ちゃんと生えていない毛穴というのは全ての毛穴の80%もありますので、ケノンを使って「しっかり生えている毛」の20%を脱毛できてもまだ80%はこれから生えてくるので残っているのです。

つまり「最低でも5回は照射しないと、また生えてくるのは当たり前」という事です。

効果を得られる人はこの毛周期を理解しているので、数回脱毛しただけでは終わらない事を知っています。

なので諦めずに照射し続けるので脱毛効果を得られているという事なのです。

先生
脱毛はすぐに効果が出ると焦っちゃダメという事ですね。
毛周期に関してはこちらで詳しく書いています。
毛周期の解説記事>>

毛を抜き続けると生えなくなる。って情報はホント?もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「毛を抜き続けると生えなくなる?」そう思って抜き続けていませんか?[…]

育毛

効果のない人

毛周期を知らない

効果が無いと言う人は毛周期を知らない可能性があります。

毛周期を知らないと「脱毛したのに生えてきた」「効果がない」と勘違いしてしまう事になりますよね。

上の「毛周期を知っている」の項目を読んだ人ならこの失敗は無いと思いますので大丈夫ですね。

先生
自分の使い方が間違っているのに機械のせいにする人っていますよねw

毛の質で効果が変わる

効果のある人

毛の色が濃い人

フラッシュ脱毛器はメラニン色素に反応するというのは「肌の色で効果が変わる」で説明したように毛の色でも効果が変わります。

先生
つまり毛の色が濃い人ほど脱毛効果が高くなります。
毛が太い人

毛が太い人は効果が得にくいと思われるかもしれませんがフラッシュ脱毛器の場合は毛が太い方が効果があります。

なぜなら「毛が太い方が色が濃い」からです。

なのでケノンの効果は毛の太さより毛の色が大切なので太い方が有利になります。

先生
太くても黒くないとダメですよ。

効果のない人

毛の色が薄い人

毛の色が薄い人というのは極端に言うと白髪の人や金髪の人で、メラニン色素が無いとフラッシュ脱毛器は全く効果がありません。

なので生まれつき色素が薄い「茶髪ぎみの人」などは効果が得にくい毛質だと言えますので、普通の人よりは照射レベルや照射回数を増やさないと効果が得られにくくなるという理解が必要です。

毛が細い人

毛が細い人はメラニン色素の量も少なくなりますので脱毛効果が得にくい傾向にあります。

「産毛」は1番細い毛で、更に色素の薄い毛なので効果がかなり得にくい毛です。

産毛への照射は諦めずに何度も繰り返す必要がありますので効果を実感するで時間がかかる事は知っておきましょう。

先生
産毛に照射して「全然効果が無い」と言っている人はたくさんいるかもしれないね。

部位によって効果が変わる

効果のある人

序盤の方で解説した「毛周期」がここでも出てくるのですが、部位によって毛周期が違います。

例えば顔の周期は短いので1ヶ月ごとの照射でOKですが、VIOなどの部位は3ヶ月ごとに照射する感じです。

つまり効果がある人は「周期の長い部位の毛は脱毛完了まで長い期間がかかる」という事を知っている人なのです。

効果のない人

部位によって毛周期が変わる事を知らない人は「効果が無い」と勘違いしてしまう傾向にあります。

例えばVIOの周期は他の部位より「毛周期が長い部位」で、3ヶ月に1回の照射でOKな人もいれば、1年に1回の周期で照射しないといけない人もいます。

つまり周期の長い体質の人は脱毛完了まで最低でも5年かかるという事になります。

なのでVIOの脱毛が最も「効果が無い」と感じている人が多い可能性があります。

先生
5年も脱毛してて生えてきたら「効果がない」と感じてしまっても無理はないですよね。

まとめ

今回は「ケノンの脱毛効果の感想が分かれる事」について解説しましたが、ケノンに限らず全てのフラッシュ脱毛器で同じ事が言えます。

・フラッシュ脱毛器はメラニン色素に反応する
・毛周期に合わせて照射する
・毛周期は個人差がある

という事を覚えておくだけでも勘違いをして脱毛を途中で諦めてしまう失敗を防ぐ事ができますね。

先生
産毛やVIOはハードルが高くて根気がいる部位なので、簡単な足などから脱毛を始めて効果を実感するのがオススメです。
私が実際にケノンを使用したレビューはこちらで書いています。
ケノンの詳しい解説>>

脱毛器 ケノンの使い方|男の「ヒゲ・スネ・ワキ・VIO」への効果もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「家庭用脱毛器ケノンは、脱毛効果があるの?」「ケノンってどんな[…]