妊娠中 脱毛│脱毛器は使える? サロンは通える? 妊活脱毛の悩みを解決

妊娠中に脱毛器は使える? サロンは通える? 妊活脱毛の悩みを解決

もくじ

先生
こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。妊娠中に脱毛をしたいけど大丈夫?
サロン・クリニックに通っているけど脱毛できる?
妊娠が分かる前に脱毛してたけど大丈夫?
脱毛器の光は赤ちゃんへの影響がある?
そんな妊娠と脱毛に関しての悩みを解決します。

妊娠中の脱毛器の光による赤ちゃんへの影響は無い。
でも、サロン・クリニックに通う場合は問題がある

脱毛器の光は赤ちゃんに影響ある?

まず、妊娠中の脱毛器の光は人体への悪影響は無く、赤ちゃんに影響を与える事は無いと言われています。

フラッシュ脱毛・レーザー脱毛共に影響は無いとされています。

レントゲンなどに使われる放射線はカラダの中を通過するため影響がありますが、脱毛器の光は皮膚の浅い部分にしか届かないため体内への影響は心配無いとされています。

妊娠に気づく前から脱毛をしていたとしても、赤ちゃんへ影響は心配する必要はありません。

 

妊娠中のサロン・クリニック脱毛は可能?

妊娠中の脱毛は、完全お断りのサロンと、「基本的にはオススメしていないが、希望であれば施術可能」というサロン・クリニックに分かれます。

ほとんどの場合は妊娠中は通えない、今現在通っていても中断しなければならない可能性が高くなります。

 

理由としては施術中に体調が悪くなったり、痛みや施術中の姿勢をガマンするストレスが赤ちゃんに影響があるかもしれないからです。

もうひとつ、妊娠中はホルモンバランスの乱れで毛が濃くなる場合があったり、毛の生える周期が乱れる事から、脱毛サロンとしては施術を受けても効果の保証が出来なくなるからです。

 

また、肌が敏感になっていたりする事もあり照射による悪影響も考えられる事からお断りされています。

 

妊娠中だけでなく、授乳中もお断りのサロン・クリニックが大半です

 

基本的に赤ちゃんへの影響があるから妊娠中は施術できないという意味ではなく、脱毛効果が出にくい。

肌が敏感になっているため肌への負担が考えられる。

その他、出産後の赤ちゃんへの健康に異常があった場合に脱毛サロンに責任を問われたりと、お客さんとのトラブルが起こるのを避けるためなどが理由である事が多いようです。

 

妊娠前から脱毛してたけど大丈夫?

妊娠中の脱毛器の光が赤ちゃんに直接影響を与える事はありませんので、赤ちゃんへの悪影響と言う点では大丈夫です。

上記、「妊娠中のサロン・クリニック脱毛は可能か」という内容と同じです。

 

脱毛中に妊娠が発覚した場合は解約?

サロン・クリニック脱毛中に妊娠が発覚して、「妊娠中・授乳中の施術お断り」の場合は途中解約。

もしくは休止という処置をされる場合が多いようです。

このあたりはサロン・クリニックによりルールが変わるため問い合わせる必要があります。

 

契約してから1週間ほどであればクーリングオフ制度によって契約事態を無効にする事ができる可能性があります。
クーリングオフとは契約してから一定期間であれば「やっぱり契約をやめる」という考え直しができる制度です。

 

またクーリングオフを適用されない普通解約の場合は解約金を一括で支払う事を求められる事もありますので、サロン・クリニック契約の際は数年先まで通い続けられるのか気をつける必要があります。

妊娠を隠して脱毛に通うのは可能?

妊娠した事をサロン・クリニックへ申告しなければ可能だと思われますが、自己判断で選択する事になります。

妊娠中で断られるのを恐れたり、早く脱毛したいという事からそのまま通う人も居るそうですがマナー違反というのが一般的な認識のようです。

解約金・違約金が心配?

サロン脱毛をしたいけど妊娠などで、解約金・違約金が発生するのが怖いという人は家庭用脱毛器での脱毛が良いでしょう。

 

最近はケノンのように家庭用脱毛器でも高性能な脱毛器があるため、サロンに通い続ける事が不安な場合は自宅で脱毛する方法が最適です。

また、脱毛中に妊娠が発覚した場合も自分の体調や予定に合わせて脱毛を続ける事ができますし、自分で買った脱毛器なら途中で中断しても解約金などが発生する事もありません。

 

これから妊娠の予定がある、妊娠中だけど脱毛したいという人は家庭用脱毛器での脱毛がベストかもしれません。

家庭用脱毛器の脱毛効果に関しては過去の記事で紹介していますのでご覧下さい。

ケノンの詳しい解説>>

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]

家庭用脱毛器でもサロン同等の効果はある?

家庭用脱毛器でもサロン同等の効果を得られます

デメリットとしては人に施術してもらうのではなく、自分で照射して処理していく労力がある事がデメリットです。
また、医療脱毛など業務用脱毛器より出力が低いので脱毛効果では劣る場合があります。

とはいえ、家庭用脱毛器は毎日全身に使えるため総合的な効率の良さではサロン・クリニックの脱毛より上回る場合もあります。

通う費用や移動時間、予約の必要も無いため労力を比較すると自宅で脱毛する方が精神的にも楽だという点もあります。

 

サロン・クリニックでの脱毛と家庭用脱毛器、どちらも一長一短ありますので、予算や状態に応じて決めるのがベストです。
最終的にはどちらもしっかりと脱毛することが可能です。

家庭用脱毛器の選び方>>

家庭用脱毛器の選び方|「除毛器・光美容器」などの違いも詳しく解説もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。「家庭用脱毛器を買いたいけど、種類がたくさんあって選び方が分からな[…]

  <<   HOMEへ戻る   >>