薄毛

薄毛が進行|生え際やつむじの気になる抜け毛を止める治療方法は?

薄毛が進行してきた生え際やつむじの抜け毛を止める治療方法

もくじ

先生

生え際や頭頂部の薄毛が気になっていますか?
毛が抜ける原因はAGA?

自分で改善することはできるのか知りたい。

そんなアナタの対策方法を紹介します。

自己判断で治療すると効果が無かったり悪化する恐れがある。
まずは専門クリニックで無料カウンセリングを受けて判断する。

AGAで髪の毛が抜ける原因は?

髪の毛が抜ける原因は複数ありますがまずAGA(男性型脱毛症)について解説します。
大きな原因とされるのが男性ホルモン(テストステロン)です。

 

ただ男性ホルモンそのものは悪者ではありません。

男性ホルモンは骨や筋肉を作ったり精子を作ったり毛を増やしたり濃くしたりする大切な働きがあります。
しかし、カラダのある成分と合体することで悪い男性ホルモンに変わってしまいます。

 

そのある成分の名前は「5αリダクターゼ」です。

 

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼは人が体内に持つ酵素でカラダの毛穴の皮脂腺と毛乳頭に2種類存在します。
この酵素の量は人によって様々で遺伝によって量が違うと言われています。

2種類の5αリダクターゼ

名前場所多い部位
1型5αリダクターゼ皮脂腺側頭部・後頭部
2型5αリダクターゼ毛乳頭前頭部・頭頂部

 

この酵素と男性ホルモンが結びつく事でジヒドロテストステロンという
5~10倍に強化された強力な男性ホルモンに変化してしまいます。

ジヒドロテストステロンは何をする?

そしてこの強力な男性ホルモンが2種類の5αリダクターゼに困った命令を出します。

ジヒドロテストステロンの命令

名前場所部位命令
1型5αリダクターゼ皮脂腺側頭部・後頭部皮脂を出せ
2型5αリダクターゼ毛乳頭前頭部・頭頂部髪の成長を止めろ
体毛・ヒゲを育てろ

この2種類の命令を覚えておいて次の章を読んでみると薄毛の謎が判明します。

2つの命令で2つの薄毛タイプ

1型5αリダクターゼ

このように1型の酵素には「皮脂を出せ」と命令するため1型の酵素が多い人は頭皮の皮脂が増え
毛穴が詰まって
血行が悪くなり
髪に栄養が行かなくなり髪が抜けてしまうのです。

 

これが「型の薄毛」と言われているタイプです

 

このタイプの薄毛は頭皮の毛穴をキレイにして血行を促進させて髪を成長させる治療を行います。

2型5αリダクターゼ

2型の酵素には「髪の成長を止めろ」と命令するため
2型の酵素が多い人は前頭部・頭頂部の毛が育たなくなり成長する前に抜け落ちてしまうのです。

 

つまり、生え際や頭のてっぺんの毛が成長できずに細く産毛のようになってしまいます。

 

そして、髪の毛は減るのに「体毛を育てろ」と命令されるため体毛やヒゲが濃くなってくる状態になります。

「体毛が濃いとハゲる」と言われる理由がここにあります。

 

これが「2型の薄毛」と言われているタイプです。

このタイプの薄毛はこの2型の酵素が命令されないように男性ホルモンと結びつくのを阻害する薬を飲むことで脱毛を予防します。

 

この2種類のタイプに分けられる薄毛の事を

「AGA(男性型脱毛症)」といいます。

AGA 1型・2型の治療薬は?

1型タイプの薄毛治療薬

1型の薄毛には次の薬で治療します。

ミノキシジル(外用薬)

有名な市販薬の「リアップ」がこのミノキシジルという成分の薬です。
ミノキシジルは血管拡張剤です。

血行を促進させる事で髪の成長を促進させ抜け毛を改善させる薬です。

 

デュタステリド(品名:ザガーロ)
デュタステリド(ザガーロ)は5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつくのを阻害する飲み薬です。
これによって1型タイプの薄毛の原因である皮脂の過剰な分泌を抑えて髪の成長を助けます。

 

2型タイプの薄毛治療薬

2型の薄毛には次の薬で治療します。

フィナステリド(品名:プロペシア
フィナステリド(プロペシア)は2型の薄毛のみに効果のある飲み薬です。

1型の飲み薬と同じく5αリダクターゼが

男性ホルモンと結びつくのを阻害する薬ですが2型のみに効果があります。
なので、1型タイプの薄毛の人がプロペシアを飲んでも
効果が出ないという事になります。

 

1型・2型いずれも薄毛の治療というのは無くなった毛を生やす治療ではなく。
弱った毛を復活させるための治療です。


つまり
完全に生えて来なくなった毛は再生させることはできません

まだ活動している毛根のパワーを復活させるための治療なのです。

毛が完全に生えて来なくなるとは?

髪の毛には毛周期というサイクルがあります。

簡単に言うと毛が「生え始めてから抜け落ちるまで」の周期です。

健康な髪の毛は長くて「1サイクルが6年」と言われています。
そして人間は「生涯15回のサイクル」を繰り返します。

 

しかしAGAになってしまうと、このサイクルが乱され
1サイクルが短くなって早く抜け落ちてしまうのです。

 

つまり

まだサイクルが残っているうちに治療しなければ
どんなに治療しても生えて来なくなる。

という事なのです。

なのでAGAは日々進行しますので早めに治療を」と言われるのはこのためです。

 

もっと分かりやすく説明すると

ゲームでいうライフが15個あって
【♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥】それが毒のダメージによって
どんどん減って行っている感じです。
【♥♥♥♥♥♥♥♥♥♡♡♡♡♡♡】

ライフが完全に無くなる前に毒の治療をしないと
2度と生き返る事が出来なくなってしまうのです。

 

自分の受けている毒に合った薬を飲まないと
効果が無いまま毒のダメージは進行するという事です。

薄毛の原因は?

薄毛を予防するためにはまず薄毛の原因を知らなければなりません。

薄毛はAGAだけではありません薄毛は以下の様々な状況で引き起こされます。

 

栄養不足

亜鉛、ミネラル、タンパク質などの栄養素が不足していると5αリダクターゼが活性化する事が分かっています。
活性化して増えた酵素と男性ホルモンが結びつくと
悪い男性ホルモンも増加するため抜け毛が促進します。

ストレス①

ストレスを受けると男性ホルモンが増えます。

同時に薄毛の原因であるジヒドロテストステロンも増えてしまうため
ストレスが多い人も
薄毛が進行しやすいと言われています。

先生
仕事などでストレスが減らない人や眠れていない人に
ストレス耐性を高める治療方法も解説しています。
ストレス耐性を高める治療方法>>

心が落ち着かなくて「寝付けない原因」それは、うつ病のサインかも。もくじ先生「心がザワザワして落ち着かない。気持ちが安らがなくて夜も寝付けない。イライラしたり、不安になったり、情緒不安定な原因は何?」[…]

ストレス②

ストレスを受けると血行が悪くなります。

血行が悪くなることで毛根に送られる栄養が不足して
髪の成長を妨げて抜け毛を促進させます。

睡眠不足

睡眠不足になると睡眠中に分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。
そのため髪の成長を妨げるため抜け毛が進行します。

合わないシャンプー

洗浄力の強すぎるシャンプーで皮脂を落としすぎてしまうと頭皮が乾燥します。
頭皮が乾燥するとカラダが皮脂の分泌を促進させるため
皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まって血行不良となり髪の栄養不足で抜け毛が促進します。

洗浄力の弱いアミノ酸系の薬用シャンプーを使う事で

育毛環境を改善する必要があります。

疲労

カラダが疲れると疲労回復のために栄養が回されます。

カラダにとって髪の毛は生命維持の優先度が低いため栄養の供給が後回しにされる部位になります。
そのため疲労が溜まると髪の毛が栄養不足となり抜け毛が促進されます。

遺伝

抜け毛の原因となる5αリダクターゼの量は遺伝によって変わると言われています。

この薄毛の遺伝子は25%の確率で遺伝します。
そのため遺伝によって生まれつき薄毛になりやすい
体質かどうかか決まっています。
そしてAGAによる脱毛や皮脂の分泌の命令を出しているのは
遺伝子による指示だと言われています。

紫外線

紫外線による頭皮のダメージによって抜け毛が促進されます。
特に9~10月は髪の毛を作る細胞の入れ替わりの時期と
夏の間の紫外線によるダメージが重なって抜け毛が多くなる時期になります。

正常な抜け毛と異常な抜け毛

正常なサイクルで髪の毛が抜ける場合は1日約100~200本が平均とされています。
AGAなどの原因で1日の抜け毛が300本を超えると
危険な状態だと判断できます。

抜け落ちた毛の毛根が膨らんでいて白っぽい場合は正常ですが

根元が細くて黒かったり、細くて短い場合は要注意です。

このように抜け毛の原因は様々です。

 

自己判断で原因を解明するのは非常に難しく
専門医によって診断をしてもらう必要があります。

自分の薄毛の原因を知る方法は?

自分の薄毛のタイプを知るには病院で診断してもらう事が一番です。

 

そして一般病院などの内科・皮膚科ではなく専門のクリニックでカウンセリングを受ける事です。

 

一般の病院はAGAの知識に専門の知識があまり無くタイプに合った治療がされない場合があります。
薄毛のタイプが2型なのに1型の薬を出されていたという話もよくありますし。

皮膚科でAGAの内服薬をもらったが専門クリニックで再診断するとそもそもAGAでは無かったという話もあります。

 

専門のAGAクリニックでは無料カウンセリングを行っているところが多いのでまずは無料診断を受けましょう。

一般病院と専門クリニックの違い

一般病院(内科・皮膚科)では投薬のみの治療となりAGA治療の設備も整っておらず発毛治療は行っていません。

 

薄毛の内服薬はあくまで進行を止めるもので薄毛を治すものではありませんので。
根本的な治療を行う場合は専門クリニックでの治療が必要になります。

投薬以外の発毛治療

一般病院では投薬での治療のみなのに対し専門クリニックでは「投薬+毛髪再生治療+植毛」などの発毛治療を行っています。

また専門クリニックでは初診料やカウンセリング血液検査などの診断を無料で行っているクリニックが多数です。

プライバシーへの配慮

待合室や診察室は一般病院のように他の患者と対面することなくプライバシーに配慮がされている病院が多くなっています。

男女で入口や受付が分かれていたり、カウンセリングや診察室が個室で予約制になっているクリニックもあります。

また日曜日や夜遅くまで診察をしているクリニックも多く一般病院より通院のしやすいのも特徴です。