ニキビ 大量発生

ニキビ 大量発生?│原因は「黄色ブドウ球菌」か「カビ」

大量にニキビができる?それはアクネ菌以外の菌の可能性が大

ニキビ 大量発生

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

大量にニキビが出来て全然治らない。
何をしても治らないニキビが背中や胸にも?人前に出るのも鏡を見るのも嫌になる。

そんな大量発生するニキビの原因はアクネ菌ではないかもしれません。

黄色ブドウ球菌やカビの可能性があります。アクネ菌も含め、それらニキビの原因になる菌を殺菌するオゾン水の作り方を紹介します。

大量発生するニキビはアクネ菌ではなく、マラセチア菌かも。

アクネ菌以外のニキビ?

ニキビの原因としてアクネ菌は有名ですが実は他の菌でもニキビと似た症状になります

 

アクネ菌は本来、ヒトの体に存在していても悪影響の無い常在菌と言われる菌です。

 

アクネ菌は空気に触れると死んでしまうので普段は増殖せずに大人しくしていますが、毛穴が油で塞がったりして空気が遮断されるとここぞとばかりに元気よく過剰に増殖してしまい炎症を起こしてニキビになるのです。

 

ニキビ予防で「毛穴の皮脂を洗い落とせと」いうのは単純に清潔にするという意味ではなく、油で空気を遮断してしまうとアクネ菌が増殖するためです。そしてアクネ菌はその油をエサに増殖するのです。

 

アクネ菌と同じようにアナタの体には他にも様々な菌が存在しています

 

疲れて免疫力が落ちたりストレスを受けたりカラダのバランスが崩れると突然それらが牙をむいて襲ってくるのです。

黄色ブドウ球菌

アクネ菌以外のニキビの原因になる菌は「黄色ブドウ球菌」です。(おうしょくと読みます)

黄色ブドウ球菌もアクネ菌のニキビと同じように毛穴で増殖して炎症を起こす事があります。

黄色ブドウ球菌は食べ物に繁殖すると食中毒の原因になりますし、扁桃腺を腫らしたり肺炎を引き起こしたり病気の原因になりやすい菌でもあります。

恐ろしい事にアクネ菌で炎症を起こしたところにブドウ球菌も侵入して悪化させたりするのです。

毛嚢炎(もうのうえん)

主に黄色ブドウ球菌によるニキビに似た症状です。

 

見た目もニキビと見分けがつかず医師でも見分ける事が難しいとされています。


毛嚢炎

ピンセットで毛を抜いたりカミソリで剃った後にできたりするニキビのような炎症も毛嚢炎です。

知らなかったら普通にアクネ菌のニキビとしか思いませんよね。

マラセチア菌

マラセチア菌というのは簡単に言うと「カビ」です。

主に背中や女性の胸元など汗で蒸れやすい部分に発生する菌です。

この菌もニキビと同じような炎症を起こしてしまいます。

 

マラセチア毛嚢炎(もうのうえん)

という症状でニキビに似ているため皮膚科に行ってもニキビと誤診されてニキビを治す薬を出されても治らず色々な皮膚科をハシゴする人もいるようです。

ニキビだと思っていたのにカビだった。ニキビの薬塗っていたのにカビだった

ショッキングな話かもしれませんが何をしても治らないならこれも疑う必要があります。

通常のニキビとマラセチア菌によるニキビは見た目に違いがほとんど無いうえに膿を持つ事もあって見た目が本当にニキビと区別が出来ない事もあります。

なので普通のニキビと混ざるとますます区別がつかないという怖いことになります。

 

そしてこれは珍しい症状というわけではなくたくさんの人が知らずに効果の無いアクネ菌のニキビ治療をしても治らないと悩んでいるのです。

 

マラセチア菌によるニキビを見分ける方法としては発生の仕方です。

ニキビが1度にできるのは2~3個までと言われていますがカビ菌によるニキビはブツブツと同じような大きさの炎症がたくさん出来たりするのが特徴です。

なのであまりにも大量にニキビが発生している場合は普通のニキビではなくカビ菌やブドウ球菌によるニキビを疑いましょう。

ニキビのできる場所

顔のニキビはご存知「アクネ菌」が原因のニキビが最も多いとされています。

背中のニキビはマラセチア菌によるカビニキビの可能性が高いと言われています。

 

女性では胸の谷間や背中の下着の触れる場所など汗をかきやすい場所は特に発生しやすい状態になっています。

 

カビが原因でニキビになっているなんて自分はそんなに汚いのか!と思うかもしれませんがマラセチア菌は誰のカラダにも普通に存在している菌なので特別にアナタが不潔だという事ではありません。

 

お風呂に入ってキレイにしていても普通に発生する菌なのですがそれが傷ついた皮膚や毛穴に溜まると炎症を起こしてしまうのです。

汗などで痒くなって皮膚を掻いたりすると常在菌によってニキビになってしまう事があります。

アクネ菌以外のニキビを治すには?

マラセチア菌というのは犬や猫にも人間と同じように皮膚病を発生させます。

 

ペットのマラセチア菌を殺菌するやさしい方法として「オゾン水によるシャワーが使われています。

オゾン水は動物に使われるように目や耳、口に入っても飲んでも無害でその殺菌力の高さから歯医者さんでもうがい用として使われています。

動物病院ではペットの歯磨きや耳掃除にもオゾン水が使われたりしています。

 

私自信もオゾン発生装置を持っていて自宅でオゾン水を作ってうがいをしたり肌水として使用したりしています。

オゾン水って?

オゾン水を知らない人には馴染みのない名前ですが普通の水道水にオゾン発生装置を浸すだけでオゾン水が作れます。

 

オゾン水には様々な効果がありその1つに殺菌力があります。

 

オゾン水の殺菌力は高くニキビの原因でもあるアクネ菌から背中ニキビの原因であるマラセチア菌そして黄色ブドウ球菌にも効果があります

大腸菌や歯周病原細菌にもそしてインフルエンザ予防にも殺菌効果があります。

 

一般家庭ではあまり使われていませんが食品メーカーでの野菜などの洗浄や調理器具の除菌などにも使われている安全性の高い殺菌水です。

浄水場の汚水をキレイにするのにも使われたりしているのです。

 

このように一般家庭では全然馴染みがありませんがプロの世界ではめちゃくちゃ使われているのがオゾン水です。

オゾン水は安全なの?

オゾン水はオゾンと水を混ぜたものですがオゾンは気体なので水にはとけません。

イメージとしては炭酸飲料をイメージするとOKです。

オゾン水というのはオゾンを水に混ぜた炭酸水のようなもので時間とともにオゾンはどんどん抜けていってしまい最終的にはただの水に戻ってしまいます。

そしてオゾンは有機物に触れると酸素に戻ってしまうため。オゾン水は最終的には酸素と水になってしまいます

 

なので「保存ができないので市販もされていない」という事になります。

作ったらすぐ使用しなくてはならずオゾン水を30分も放置しているとただの水に戻ってしまいます。

 

30分で効果が無くなってしまうのでどんなに殺菌力や消臭に効果があってもすぐにただの水になってしまうので商品化できないんですね。

オゾン水は売られていないので普通の人は知らなくて当然なんです。

オゾン水はどうやって作るの?

オゾン水を作るにはオゾン発生装置が必要ですが水にオゾンを混ぜるには普通のオゾン発生装置ではなくオゾン水を作るための発生装置が必要になります。

普通のオゾン発生装置を水に送り込んでも気泡が大きいためすぐ消えてしまうので超極細の気泡を発生する装置が必要になります。

お風呂で言うとジェットバスではなくマイクロジェットバスのように細かい気泡が必要です。

私が使っているのはオゾンバスターというオゾン発生装置です。

オゾンバスターは大中小とサイズがあって私が使っているのは1番小さいタイプです。

オゾンバスターを水に入れて使うとシュワシュワとオゾンが発生して水が気泡で白く濁ってきます。

数分でオゾン水ができるのでこれを肌水としてアクネ菌を殺菌したり口をゆすいで口臭や歯周病予防などをします。

顔だけなら小型のオゾンバスターでもオゾン水は作って使えますが。作るオゾン水の量が多い場合は中サイズのオゾンバスターもあります。

50リットルでも5分でオゾン水が作れる大きめのタイプなので湯船にお湯を入れてオゾン水にカラダを浸して使う事ができますね。

ちなみに50リットルを湯船に溜めるとこのぐらいの水位になります。

ジャバジャバと全身を殺菌するには十分な量を作ることができますね。

 

1番大きなオゾンバスターはほぼ業務用で200リットルという大量のオゾン水を作れますが価格も高いです。

オゾンバスターについてのより詳しい効果や濃度の解説はこちらの記事で説明しています。

VIMENS

オゾンバスター│最安値と殺菌・消臭・脱臭効果の化学的な分析濃度 もくじ読みたい場所をクリックしてねもくじオゾンバスター最…

オゾン水 殺菌効果

オゾン水で殺菌できる種類はとても多くこれだけの殺菌効果が認められています。

厚生労働省によるデータです。

種類オゾン濃度(ppm)死滅時間死滅率
大腸菌0.965秒100%
ブドウ球菌1.085秒100%
結核菌1.0130秒99.9%
インフルエンザウイルス0.965秒100%
犬伝染性肝炎ウイルス0.965秒100%
カビ0.519秒99.9%
緑膿菌1.015秒100%

 

ほぼ全ての菌やウイルスが5秒~30秒で死滅しています。抵抗力の強いといわれる「結核菌」でさえ30秒で死滅する力です。

これだけの殺菌力がありながら肌についても安全ですぐに水に戻ってしまうため残留性が無い殺菌剤を個人で作れるのはオゾン水ぐらいじゃないでしょうか

殺菌は一時的に症状を抑えたり、重度の場合は効果的ですが根本的に改善するには皮膚の免疫力を高める必要があります。

先生
ニキビを根本的に改善するスキンケアはこちらで解説しています。
根本的にニキビ肌を改善するケア>>

ニキビの治し方|何をしてもニキビが治らないのはスキンケアが原因もくじ先生「ニキビを治すために、色々なスキンケアをしているのに、何をしても治らない」多くの人がこのように悩んでいますが、実は「スキンケ[…]

  <<   HOMEへ戻る   >>