自分で永久脱毛する方法|サロンより家庭用脱毛器で安く脱毛したい?

自分で永久脱毛する方法|サロンより家庭用脱毛器で安く脱毛したい?

もくじ

先生

こんにちはVIMENSです。
美容の先生をしています。

自分で永久脱毛したいけど、脱毛サロンは高いと悩んでませんか?

脱毛サロンの料金と、家庭用脱毛器と比較します。

そして、自分で永久脱毛できる家庭用脱毛器を紹介します。

脱毛サロンに行かなくても、家庭用脱毛器で自分で永久脱毛は可能です。
自宅で脱毛サロンよりかなり安く、自分で永久脱毛ができます。

脱毛サロンで脱毛するといくらかかる?

脱毛サロンの脱毛の平均価格は、以下ような感じです。

全身30~50万円
10~13万円
14~20万円
背中15~22万円
ヒゲ15~20万円

これは、脱毛サロンに8~10回通った金額で、毛の濃くない人の平均相場です。

毛の濃さや量によって通う回数は変わりますので、毛が濃い場合はもっとかかる可能性があります。

脱毛回数は何回ぐらい必要?

ヒゲ脱毛を例にした、脱毛の回数と効果です。

6回気持ちヒゲ剃りが楽になる
10回そこそこキレイたまに細いヒゲが生えてくる
15回~20回ようやくツルツルになる


ヒゲをツルツルに脱毛するレベルだと、15~20回脱毛に通う必要があります

費用は約20万~30万円ヒゲの場合は、1ケ月おきに脱毛できる部位なので、脱毛サロンに通う期間は約2年間です

脱毛サロンで永久脱毛すると生えてこないの?

「永久脱毛」という言葉は「死ぬまで生えてこない」という意味ではありません。

現在、完全に生えて来ない脱毛方法は存在しないため、以下の条件を満たす脱毛方法を永久脱毛と呼んでいます。

脱毛してから、1ケ月後に生えてくる量が20%以下

なので、脱毛サロンやクリニックで大金を出して永久脱毛をしても、二度と生えて来なくなるという意味ではありません。

医療脱毛は永久脱毛できる。という事ではなく、医療脱毛の方が「早く効果が出る」という話です。

家庭用脱毛器で永久脱毛できるの?

脱毛サロンやクリニックで脱毛しても、家庭用脱毛器を使って自分で永久脱毛しても、脱毛が完了するまでの期間が変わるだけで、最終的にはどれでも、自分で永久脱毛できます

家庭用脱毛器<サロン脱毛<医療脱毛

という感じに、出力が高くなり効果が出やすいだけという感じですね。

先生
実際に私は、ケノンという脱毛器
ヒゲもスネもワキも、自分で永久脱毛が出来ています。

家庭用脱毛器は「ケノン」と「トリア」という有名なものが2つあります。

ケノンはフラッシュ脱毛で、広範囲の脱毛が得意。

トリアはレーザー脱毛で、高出力ですが小さな範囲での用途に向いています。

双方、メリットとデメリットがありますので、脱毛したい部位や毛の太さによって選択が変わります。

ケノン

ケノンは照射範囲が広く、どの部位にも安定して照射する事ができます。

脱毛能力もヒゲが脱毛できるレベルなので、特殊な毛質でない限り問題ありません。

先生
私自身が使用しています。
ケノンの詳しい解説>>

ケノン 家庭用永久脱毛器|男のヒゲ・スネ・ワキへの効果と使い方もくじ編集長「家庭用 IPLフラッシュ脱毛器 ケノン」の脱毛効果や使い方など、ケノンのレビューを紹介します。また購入の注意点や、カート[…]

トリア

トリア

参考リンク:    トリア公式サイト     >>

トリアは、ケノンより出力が高く脱毛効果は高いのですが、照射範囲が1cmほどしか無いので広範囲には不向きです。

毛が太くてケノンでも脱毛できなかった場合に、検討するといいと思います。

家庭用脱毛器で脱毛できない条件は?

家庭用脱毛器を使って、自分で永久脱毛できない例としては、肌の色が通常より濃い場合です。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、毛の黒色に反応して脱毛をするため、肌の色が日焼けなどで黒に近いと、肌にも反応してしまうため脱毛できません。

脱毛サロンでも専用の設備がないところでは、施術を断られる恐れがあります。

 

こういった場合は、医療脱毛の中の「針脱毛」という脱毛方法で、毛穴に針を刺して、毛根を直接電気で死滅させる脱毛方法を選ぶ必要があります。

また、色素沈着で肌が黒ずんでいる場合も効果が出にくいため、針脱毛を選択する場合があります。

先生
脱毛効果の条件については、こちらの記事で詳しく解説しています。
脱毛効果の条件

ケノンは「効果がない」という人が存在するのは事実。その理由とは?もくじ先生こんにちはVIMENSです。美容の先生をしています。ケノンを買おうと気になっているけど【効果がある】という人と【効[…]

トリア・ケノン以外の脱毛器は?

有名な2機種以外で、よく候補にあがってくる脱毛器に、パナソニックの「光エステシリーズ」があります。

こちらは本格的な脱毛器ではなく、永久脱毛をした後に生えてくる弱い毛を処理するような「脱毛後のケア」を目的とした商品だと認識するといいでしょう。

それぞれ、3機種にメリット・デメリットがあります。

3機種の比較

ケノントリア光エステ
脱毛効果ありありいまいち
痛み普通痛い痛くない
照射範囲広い(3.5X2cm)狭い(直径1cm)普通
駆動方式コンセント出力バッテリー
(充電500回)
バッテリー

家庭用脱毛器のメリットとしては、サロンに足を運ぶ事なく自分で永久脱毛できる事です。

好きな時間に好きな部位を同時に脱毛できるため、たとえ業務用より出力が低くても効率が良いのがメリットです。

もうひとつは、VIOなどの恥ずかしい部位でも人に見られることなく自分で永久脱毛できる事です。

時間や予約に縛られることなく、マイペースにじっくり脱毛したい人は、家庭用脱毛器が最適ですね。

 

参考:     ケノン公式サイト    >>

参考:    トリア公式サイト     >>

  <<   HOMEへ戻る   >>